張本智和、中国のユース五輪金メダリストと激突<卓球・スウェーデンオープン 4日目見どころ>

写真:張本智和(木下グループ)、同世代のライバルに挑む/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日〜10月6日>

大会3日目を終えた10月3日は、男女シングルスとダブルス、および混合ダブルスの1回戦が行われた。

水谷が鄭栄植にストレート勝ち

男子シングルスでは、水谷隼(10月世界ランキング13位・木下グループ)が直近で3連敗している宿敵・鄭栄植(チョンヨンシク・同23位・韓国)にストレートで勝利し、連敗記録を止めた。

森薗政崇(同43位・BOBSON)はフルゲームの激闘の末黄鎮廷(同16位・中国香港)とのTリーガー対決に敗れ、宇田幸矢(同74位・JOCエリートアカデミー/大原学園)もドミトリ・オフチャロフ(同12位・ドイツ)を相手にフルゲームまで迫ったが惜しくも敗れる結果となった。

その他には張本智和(同5位・木下グループ)もイングランドの主力選手に競り勝ち、丹羽孝希(同11位・スヴェンソン)が神巧也(同79位・T.T彩たま)との同士討ちを制して勝ち残っている。

長ア美柚が世界ランキング3位を破る金星

一方女子シングルスでは、長ア美柚(同50位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が朱雨玲(ジュユリン・同3位・中国)を破る金星を挙げた。前回は6月のジャパンオープンで勝利しており、世界ランキング3位の中国トップ選手に連勝したことになる。

また石川佳純が世界ランキング227位のカットマン・劉斐(リュウフェイ・中国)に敗れる波乱があったほか、森さくら(同66位・日本生命)、加藤美優(同24位・日本ペイントホールディングス)、芝田沙季(同29位・ミキハウス)が善戦するも格上選手に敗れ、姿を消した。

同士討ちとなった平野美宇(同9位・日本生命)と早田ひな(同26位・日本生命)の対決は、早田が一歩リードしながらもフルゲームまでもつれ込んだ。激戦となった黄金世代の直接対決は、第7ゲームデュースまでもつれ込むも平野が意地を見せて逆転勝ちとなった。

伊藤美誠(同7位・スターツ)対佐藤瞳(同19位・ミキハウス)は伊藤が見事なカット打ちで佐藤を下し、2回戦へと駒を進めた。

大会4日目の10月4日は、男女シングルスの2回戦、およびダブルス全種目で準々決勝・準決勝が行われる。

男子試合 組み合わせと見どころ

樊振東(中国)
写真:樊振東(中国)/提供:ittfworld

男子シングルス 2回戦

張本智和 − 王楚欽(中国)
丹羽孝希 − シモン・ゴジ(フランス)
水谷隼 − 樊振東(中国)

男子シングルスの2回戦では、張本智和と水谷隼が中国選手と激突する。

張本は王楚欽(ワンチューチン・同22位・中国)と対戦。2018年ユース五輪の団体戦で勝利して以降2連敗している相手だ。9月のアジア選手権では許マ(シュシン・同1位・中国)に2敗し、「中国との差が開いてしまった」と話した張本はどう調整してきたのか。見逃せない試合になりそうだ。

水谷隼は世界ランキング2位の樊振東(ファンジェンドン・中国)と対決する。2014年以降国際大会では5回の対戦があったが、未だに勝利していない強敵だ。3連敗していた鄭栄植を破り、調子の良さを伺わせる水谷は悲願の初勝利なるか注目だ。

丹羽孝希は、フランスのシモン・ゴジ(同20位)と対戦する。パラグアイオープンでは本戦1回戦で敗れたが、今回は挽回に期待がかかる。

女子試合 組み合わせと見どころ

長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
写真:長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)は中国選手を連破できるか/提供:ittfworld

女子シングルス 2回戦

長ア美柚 − 銭天一(中国)
平野美宇 − 伊藤美誠
橋本帆乃香 − 孫穎莎(中国)

女子ダブルス 準々決勝

平野美宇/石川佳純 − シャオ・ジェニ/ユ・フ(ポルトガル)

女子シングルスでは、朱雨玲を破った長ア美柚が銭天一(チェンティエンイー・同151位・中国)と対決する。3戦3敗の相手だが、朱雨玲を破った勢いを保ったまま勝利することはできるか注目だ。

また同士討ちを制して勝ち上がった平野美宇と伊藤美誠が、7月のオーストラリアオープンぶりに対戦する。国際大会では5勝4敗と伊藤が一歩リードしている。手の内を知り尽くした両者のハイレベルな試合は見逃せない。

橋本帆乃香は、アジア選手権覇者の孫穎莎(スンインシャ・同6位・中国)と対決。アジア選手権の団体では、橋本と同じくカットマンの佐藤瞳が1ゲームを奪っている。橋本は粘りのカットで孫穎莎に食らいつくことができるか期待だ。

また女子ダブルスでは、初戦を快勝した平野美宇/石川佳純が、木原美悠/長ア美柚を破ったポルトガルのシャオ・ジェニ(同86位)/ユ・フ(同33位)と対戦する。1回戦では攻めの早さや、変化で相手を圧倒した平野/石川はポルトガルのベテランの壁に挑む。

混合ダブルス 準々決勝見どころ

許マ(中国)、劉詩?(中国)
写真:アジア選手権での許マ(中国・写真左)と劉詩?(写真右)/提供:ittfworld

水谷隼/伊藤美誠 − ディヤス・ヤコブ/ナタリア・パルティカ(ポーランド)
張本智和/早田ひな − 許マ/劉詩?(中国)

混合ダブルスでは韓国ペアを破った水谷隼/伊藤美誠ペアと、張本智和/早田ひなペアが準々決勝に臨む。

特に張本/早田は、世界選手権チャンピオンの許マ/劉詩?(リュウスーウェン・同5位・中国)と対決。6月のジャパンオープンでは当時世界ランキング1位同士の樊振東/丁寧(ディンニン・同2位・中国)を破り、決勝で許マ/朱雨玲の圧倒的なラリー力の前に屈した。今回は許マ越えに期待がかかる。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)