男子・リトルキングスA、女子・九十九が一般1部V<全日本クラブ卓球選手権大会>

男子・リトルキングスA、女子・九十九が一般1部V<全日本クラブ卓球選手権大会>

男子・リトルキングスA、女子・九十九が一般1部V<全日本クラブ卓球選手権大会>の画像

写真:Rallys/画像:Rallys

<第38回全日本クラブ卓球選手権大会 2019年10月11日~14日>

11日から14日にかけて、福島県の郡山総合体育館にて全日本クラブ卓球選手権大会が開催された。全日本クラブ卓球選手権大会は、一般1部、一般2部、50代の部、60代の部、小・中学生の部の5つのカテゴリーの団体戦が男女各自で行われる大会である。今年は台風の影響で、タイムテーブルや試合方式が変更されたものの、予定の14日までに全種目が終了した。

リトルキングスAが優勝

男子1部は、神奈川の名門・リトルキングスAが優勝を飾った。世界選手権元日本代表の三田村宗明、双子の中村兄弟の活躍により、決勝で神戸TCを3-0で退けた。女子1部の決勝は東京同士の対決となったが、九十九が3連覇を狙うMACHIDA BEATSを下して優勝を果たした。

また一般2部では男子は丸善クラブ(東京)、女子は長吉卓球センター(大阪)が優勝。一般2部は今年のクラブ選手権で最後となり、来年からは30代が代わりに行われる。

第38回全日本クラブ卓球選手権大会 最終結果

男子 一般の部 1部

優勝:リトルキングスA(神奈川)
準優勝:神戸TC(兵庫)
3位:T.O.M&卓球三昧(東京)、ST(栃木)

女子 一般の部 1部

優勝:九十九(東京)
準優勝:MACHIDA BEATS(東京)
3位:MD相模(神奈川)、福卓会(福島)

男子 一般の部 2部

優勝:丸善クラブ(東京)
準優勝:WINS(大阪)
3位:Kunitaku(東京)、鳩ケ谷クラブ(埼玉)

女子 一般の部 2部

優勝:長吉卓球センター(大阪)
準優勝:COLOR(神奈川)
3位:飛鳥クラブ(東京)、たなかクラブ(神奈川)

男子 50代の部

優勝:東京 KING KONG(東京)
準優勝:代々木クラブ(東京)
3位:ゴルベテ(東京)、アカシア(福岡)

女子 50代の部

優勝:健幸クラブ(東京)
準優勝:ユース・リゲイン(岡山)
3位:かりん(千葉)、相模原レディース(神奈川)

男子 60代の部

優勝:日産追浜(神奈川)
準優勝:秋山卓球(福岡)
3位:友卓会(東京)、グリーンクラブ(大阪)

女子 60代の部

優勝:千代田クラブ(東京)
準優勝:大田クラブ(東京)
3位:FAMILY(神奈川)、武蔵野クラブ(東京)

男子 小・中学生の部

優勝:偉関TTL(東京)
準優勝:フェニックス卓球クラブ(福井)
3位:育徳クラブ(大阪)、ねや卓球クラブ(岡山)

女子 小・中学生の部

優勝:T.Cマルカワ A(岡山)
準優勝:富久山卓球クラブA(福島)
3位:フェニックス卓球クラブ(福井)、T.Cマルカワ B(岡山)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)