Tリーガーも多数参戦 学生女王に輝くのは誰か<全日学・女子見どころ>

写真:梅村優香(写真奥)、森田彩音(写真手前)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が、島津アリーナ京都で開催される。10月24日開会式が行われ、25日から試合がスタートする。毎年熱き戦いが繰り広げられる女子シングルス・女子ダブルスの見どころを紹介する。

女子シングルス見どころ

去年は専修大学の安藤みなみ(現日本卓球リーグ・十六銀行)が中央大学の森田彩音とのフルゲームの激戦を制し、2017年に引き続き優勝、連覇を果たした。

森田彩音
写真:森田彩音(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードは去年準優勝だった森田彩音(中央大学)だ。今シーズンからTリーグのトップおとめピンポンズ名古屋に所属し、早田ひなを下すなど大活躍を見せており、最終学年で華を咲かせることができるか注目だ。第2シードは瀬山咲希(中央大学)で、選手層の厚い中央大学でレギュラーとして活躍する実力者だ。第3シードは田口瑛美子(筑波大学)が、第4シードには2017年全日本ジュニア優勝の笹尾明日香(早稲田大学)が入っている。

他シードの注目選手としてTリーグのトップおとめピンポンズ名古屋に所属している梅村優香や山本笙子(ともに中央大学)、38シーズンぶりに秋季関東学生卓球リーグを制した青山学院大学から出場する三條裕紀などがあげられる。

絶対的な優勝候補はおらず、誰が優勝してもおかしくない女子シングルス。記念すべき令和1回目の学生女王はだれになるのか、熱戦が期待される。

女子ダブルス見どころ

昨年は専修大学の安藤みなみ・枝松亜実が優勝し、安藤はシングルスとの二冠を達成した。一昨年の女子ダブルスも安藤・枝松が優勝しており連覇を果たした。

岩越帆香、笹尾明日香
写真:左から岩越帆香、笹尾明日香(ともに早稲田大学)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードは岩越帆香・笹尾明日香(早稲田大学)の2年生ペアだ。去年の大会ではお互い1年生ながらベスト4に残った実力のあるペアだ。早稲田大学からは関東学生秋季リーグで最優秀ペアー賞を獲得した鎌田那美・金子碧衣(早稲田大学)も出場している。

第2シードは熊中理子・三條裕紀(青山学院大学)だ。青山学院大学を関東学生リーグ王者に導いた勢いを見せつけたいところだ。第3シードには松本静香・上田真実(愛知工業大学)、第4シードにはともにTリーグに参戦している森田彩音・梅村優香(中央大学)が入った。

連覇を果たしている専修大学の枝松は木村香純と組み、3連覇を目指す。順当に勝ち進めば準決勝で第1シードの岩越・笹尾と対戦することになる。近畿勢で唯一シード入りしている小脇瑞穂・村田咲紀(関西学院大学)にも注目だ。

各大学のエースダブルスが、抜群のコンビネーションで戦う女子ダブルス。どのペアも実力は伯仲しており1回戦から熱い戦いが予想される。

熊中理子、三條裕紀
写真:左から熊中理子、三條裕紀(ともに青山学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)