男女ダブルスベスト4出揃う 宮本/田原は昨年王者ペア撃破<卓球・全日学2019>

写真:愛知工業大学の田原彰悟(写真手前)と宮本春樹(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

25日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕。男女ダブルス準々決勝が終了し、ベスト4が出揃った。

男子ダブルスは、愛知工業大学の宮本春樹/田原彰悟ペアが、昨年優勝ペアの硴塚将人/緒方遼太郎(早稲田大)を3-1で下し、ベスト4入り。準決勝では、同じくベスト4に勝ち上がった木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)との同士討ちに挑む。

女子は第1、第3、第4シードが敗れる波乱が起こるも、第2シードの熊中理子/三條裕紀(青山学院大)は順当にベスト4に勝ち残った。また、関東学生秋季リーグで最優秀ペア賞を獲得した鎌田那美・金子碧衣(早稲田大)もベスト4に名を連ねている。

男子ダブルス準々決勝

木造勇人、田中佑汰
写真:愛知工業大学の木造勇人(写真左)と田中佑汰(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

硴塚将人/緒方遼太郎(早稲田大)1-3 〇宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)
二木啓太/渡井丈人士(駒澤大)2-3 〇浅津碧利/小野寺翔平(中央大)
〇木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)3-2 内村秀平/内村英司(日本体育大)
〇龍崎東寅/沼村斉弥(明治大)3-1 及川瑞基/三部航平(専修大)

女子ダブルス準々決勝

熊中理子、三條裕紀
写真:青山学院大の熊中理子(写真左)、三條裕紀(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

阿部里歩/小島叶愛(國學院大)0-3 〇枝松亜実/木村香純(専修大)
瀬山咲希/山本笙子(中央大)1-3 〇熊中理子/三條裕紀(青山学院大)
小脇瑞穂/村田咲紀(関西学院大)1-3 〇松澤帆乃果/竹本朋世(淑徳大)
〇鎌田那美/金子碧衣(早稲田大)3-0 石田茜/後木玲奈(日本体育大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)