京都大学・多田浩嗣、魔球“王子サーブ”で全国1勝<卓球・全日学>

写真:多田浩嗣(京都大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

25日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕し、男子シングルス1回戦に多田浩嗣(京都大)が登場。田紳之佑(福岡大)と対戦し、ゲームカウント3-1で多田が勝利を収めた。

多田は、高校時代、大阪一の進学校に在籍しながらインターハイ予選を通過し、インターハイ本戦でも4回戦まで勝ち上がった実力者だ。京都大学に入学後も、2019年全国国公立大学卓球大会でシングルス・ダブルスともにベスト4に入るなど、実績を残し続けている。

多田の特徴は、何と言ってもサウスポーから繰り出される 王子サーブだ。この試合でも勝負所で何度もサービスエースを奪い、勝利をもぎとった。

試合後のコメント

多田浩嗣(京都大)
写真:王子サーブを繰り出す多田浩嗣(京都大)/撮影:ラリーズ編集部

「めちゃめちゃ緊張しました。(久々の大舞台ということもあり)ちょっと自分のプレーは緊張しているなと感じました。今日は待ち時間も結構あり難しかったです」と全国大会ならではの難しさを口にした。

その中でもしっかりと勝ち切ったことについては「サーブと3球目しかないので(笑)。それをどうやって効かすかだけですね」とシンプルながらも強力な武器を持つ多田らしいコメントで振り返った。

京都開催の全日学ということもあり、会場にはチームメートも応援にかけつけた中、「とりあえず明日に残れたので良かったです」とほっと一息ついた多田。国公立・京都大学に所属しながら全国の舞台で勝ちを掴んだ文武両道の京大生は、どこまで勝ち進むのか。大会2日目以降も注目だ。

試合結果

多田浩嗣(京都大)
写真:多田浩嗣(京都大)/撮影:ラリーズ編集部

〇多田浩嗣(京都大) 3-1 田紳之佑(福岡大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)