北海道大学・柳川大智 文武両道貫き2年連続の出場<卓球・全日学 男子シングルス>

写真:柳川大智(北海道大学)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕。男子シングルス1回戦で柳川大智(北海道大)と吉野彪功(中京学院大)が対戦し、ゲームカウント3-0で吉野に軍配が上がった。

柳川が所属する北海道大学は、2019年の全国国公立大学卓球大会で男女ともに団体ベスト4の強豪。柳川自身も、今回で全日学のシングルスに2年連続2回目の出場を果たしている実力者だ。今回の結果は完敗だったものの、決して多くない練習時間の中、国公立大学からの2年連続出場は努力なしでは成し遂げられないことだ。

試合後のコメント

柳川大智
写真:柳川大智(北海道大学)/撮影:ラリーズ編集部

試合後の柳川は「積み重ねってすごいなと思いました」と相手選手の技術レベルの高さに敬意を表した。

また全日学の舞台に対して「去年はふわふわしてて出れてよかったと思ったんですけど、今回は1勝したかったので悔しいです」と話し、3年生の柳川にとっては今回がおそらく最後の全日学となることを明かした。

全日学の舞台で一勝を挙げることはできなかったが、文武両道を貫いた柳川の姿は、同じ国公立大学の選手の活力となったことだろう。

試合結果

吉野彪功
写真:吉野彪功(中京学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

柳川大智(北海道大)0-3 〇吉野彪功(中京学院大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)