神戸大学・福田智章、手応え掴んだ全国大会<卓球・全日学2019>

写真:福田智章(神戸大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日 (日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕した。 男子シングルス1回戦で福田智章(神戸大)が芝田一希(西日本工業大)と対戦。ゲームカウント3-1で芝田が勝利を収めた。

神戸大学3年の福田は岡山県の金光学園高校出身。1部で戦った今年の秋季関西学生リーグでは、全試合に出場してシングルスで2勝を挙げている。対する西日本工業大学3年の芝田は名門、明豊高校出身。今年の全九州学生秋季卓球選手権大会では男子シングルスベスト8に入賞している。

第1ゲームは、独特のモーションで繰り出すサーブで優位に立った福田が先取。しかし、続く第2ゲームからは芝田の左中ペンで繰り出されるサーブからの3球目攻撃がハマり始め、第2ゲームは芝田がものにする。第3ゲームは、福田もレシーブやブロックで粘るも、勢いに乗った芝田には一歩及ばない。反撃のチャンスをつかむことはできず、そのまま第4ゲームも奪われ、1-3で敗れた。

試合後のコメント

福田智章(神戸大)
写真:福田智章(神戸大)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、福田は「会場の雰囲気とか緊張感にのまれてしまった。相手も結構強い。そこで力を出すのは難しいと感じました」とコメント。また、「サーブなど先に攻める部分はいけたんですが、先に攻められたときに自分がもう少し落ち着けていれば、結果も違ったんじゃないかなと思います」と一定の手応えを得ながらも、緊張感ある中で強い相手と戦う難しさも語った。

結果としては1回戦敗退となってしまったが、関西有数の国立大学である神戸大学から全日学に出場するということは、非常に大きな意味を持つ。福田のこれからの活躍にも注目だ。

詳細スコア

福田智章(神戸大)
写真:福田智章(神戸大)/撮影:ラリーズ編集部

福田智章(神戸大)1-3 〇芝田一希(西日本工業大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)