梅村優香、プレッシャー乗り越え3回戦へ<卓球・全日学>

写真:梅村優香(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

26日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が大会2日目を迎えた。シード選手が登場する女子シングルス2回戦で梅村優香(中央大)が赤川真生(同志社大)と対戦。ゲームカウント3-0で梅村が勝利を収めた。

梅村は森田彩音(中央大)と組んだダブルスで、初戦となる2回戦で福岡大のペアに敗れていた。プレッシャーがかかる中で再起をかけて臨んだシングルスの初戦では、競り合いになった3ゲーム目をきっちりと競り勝ち3回戦へと駒を進めた。

試合後のコメント

梅村優香(中央大)
写真:梅村優香(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、中央大学女子監督で、TOP名古屋ではコーチを務める矢島監督は「悪いところはやっぱり、守りに入って途中から攻撃に切り替えようとしても、それが空回りするっていうパターン。本人もそこを1試合乗り切っていけた。相手がどうこうではなくて、やっぱり自分との闘いだから、こうやって一歩ずつ変えていけたらこういう結果になるかな」と試合を分析した。

梅村本人も「今、Tリーグに入っていて、相手も思いっきり攻めてくるので、それを想定して試合するようにしました。ひとつひとつ次のことを考えないで、今やることだけを考えて試合に勝てるように頑張りたいと思います」と、Tリーガーならではのプレッシャーに手を焼きながらも、普段通りのプレーを心掛けている様子だった。

詳細スコア

赤川真生(同志社大)
写真:赤川真生(同志社大)/撮影:ラリーズ編集部

○梅村優香(中央大)3-0 赤川真生(同志社大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)