京都大学・多田浩嗣、?王子式”で今大会ダブルスランカーに勝利<卓球・全日学>

写真:関東の強敵を破った多田浩嗣(京都大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

26日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が2日目を迎えた。男子シングルス2回戦で多田浩嗣(京都大)が二木啓太(駒澤大)と対戦。ゲームカウント3-2で多田が今大会ダブルスベスト8の二木を破った。

京都大2年の多田は、かつて王子卓球センターで腕を磨いた。作馬六郎氏より学んだ王子サーブと、コースが読みにくい3球目攻撃が持ち味の選手だ。この試合でも1本目から惜しみなく王子サーブを披露し、得点を重ねたかと思えば、バック面の表ソフトから繰り出されるナックル性のブロックで二木を前後に翻弄した。遅いループドライブや、ロビングに対するストップなど頭脳プレーが光り、フルゲームの末勝利した。

試合後のコメント

作馬六郎、多田浩嗣(京都大)
写真:ベンチでの作馬氏と多田浩嗣(京都大)/撮影:ラリーズ編集部

この試合で多田のベンチコーチに入った作馬氏は「今の試合でも(二木が)ロビングを上げてきても1球目でストップする。これが“王子式”。4本ストップして3本ノータッチ。他にないことをさせていることが結果に出ている」と勝利の秘訣を語った。

また、多田本人も「(二木は)強かったです。どちらかと言うとラリータイプだったので、頑張って1,2本ぐらいは連打して5球目までに決められたらいいなと思いながら試合しました。相手も返してくるのでしっかりミドルを狙って決めるのと、返ってきても連打することを心がけました」と激戦を振り返った。

次戦は早稲田大の緒方遼太郎との対戦となるが、多田の知略に満ちたプレーはどこまで通用するのか期待が高まる。

詳細スコア

二木啓太(駒澤大)
写真:苦杯を喫した二木啓太(駒澤大)/撮影:ラリーズ編集部

○多田浩嗣(京都大)3−2 二木啓太(駒澤大)
7-11/12-10/5-11/11-4/11-6

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)