Tリーガー山本笙子「対策上手くいった」 表ソフト使いの皆川下す<卓球・全日学>

写真:山本笙子(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

26日、全日本大学総合卓球選手権大会が大会2日目を迎えた。シード選手が登場する女子シングルス3回戦で山本笙子(中央大)が皆川愛華(大阪成蹊大)と対戦。ゲームカウント3-0で山本が勝利を収めた。

試合後のコメント

山本笙子(中央大)
写真:山本笙子(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

山本は、関西学生ランカーの皆川との対戦について「結構強いと言われていた相手だったんですけど、対策してきたことが上手くできて思い切って試合をすることができた」と勝因を語った。相手ベンチにはTリーグ・日本生命レッドエルフ所属の妹・皆川優香の姿も見られたが、トップおとめピンポンズ名古屋に所属する山本が冷静に戦い切った。

山本のベンチに入った中央大学女子監督を務める矢島監督は、「表のボールに対して慌てず冷静に対応していた」と山本の試合を分析。Tリーガーとしてどこまで試合に勝ち上がれるか、注目が集まる。

詳細スコア

皆川優香(写真左・日本生命レッドエルフ)・皆川愛華(写真右・大阪成蹊大)
写真:皆川優香(写真左・日本生命レッドエルフ)・皆川愛華(写真右・大阪成蹊大)/撮影:ラリーズ編集部

〇山本笙子(中央大)3-0 皆川愛華(大阪成蹊大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)