第1シード・及川瑞基 順当に勝ち上がりランク入り<卓球・全日学2019>

写真:及川瑞基(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)〜10月27日(日)>

26日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が大会2日目を迎え、男子シングルス4回戦で及川瑞基(専修大)が柏友貴(中央大)と対戦した。試合は及川がゲームカウント4-1で勝利を収めた。

試合後のコメント

試合後及川は、左腕の柏との一戦を振り返って「柏とはドイツで練習したこともあって、相手のサーブ・レシーブは分かっていた。出だし上手く入れたので、試合内容的には結構スムーズに行けた」とコメントした。

ランクが決定した心境について「第1シードだが自分の中では意識しないようにしている。目の前の試合で自分の力を出し切ることを集中している」と、一戦一戦集中して試合に臨んでいることを語った。

詳細スコア

及川瑞基
写真: 及川瑞基(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

及川瑞基(専修大)4-1 柏友貴(中央大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)