男女シングルスベスト4決定 松山祐季が“ダブルスペア対決”制す<卓球・全日学>

写真:松山祐季(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(金)〜10月27日(日)>

27日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)の男女シングルス準々決勝が行われ、シングルスベスト4が出揃った。

男子シングルスは、第1シードで昨年覇者の及川瑞基(専修大)がいち早くベスト4入り。

愛知工業大学の松山祐季は、見真己との“ダブルスペア対決”を制し、準決勝進出を果たした。また今大会のダブルス王者である木造勇人(愛工大)は、三部航平(専修大)に4-1で勝利し、同じ愛知工業大学の松山に続いてベスト4に名を連ねた。

女子シングルスでは、第1シードでTリーガーの森田彩音(中央大)が鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大)をストレートで下し、準決勝進出。また同じ中央大学所属の山本笙子は、梅村優香との同士討ちを制し、ベスト4入りを果たした。

男子シングルス準々決勝結果

及川瑞基
写真:及川瑞基(専修大学)/撮影:ラリーズ編集部

見真己(愛工大)2-4 〇松山祐季(愛工大)
〇及川瑞基(専修大)4-0 金光宏暢(日本大)
〇沼村斉弥(明治大) 4-3 川上尚也(早稲田大)
三部航平(専修大)1-4 〇木造勇人(愛工大)

女子シングルス準々決勝結果

森田彩音
写真:森田彩音(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

〇森田彩音(中央大)4-0 鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大)
〇松岡優香(東京富士大)4-2 岡崎日和(東洋大)
梅村優香(中央大)2-4 〇山本笙子(中央大)
〇鎌田那美(早稲田大)4-3 三條裕紀(青山学院大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)