男子・東京アート、今シーズン4つ目のタイトル目指す<後期日本卓球リーグ 見どころ>

写真:前期日本リーグ男子優勝の東京アート/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会 2019年10月30日〜11月3日>

2019年後期日本リーグが秋田県秋田市のCANアリーナ★あきたで30日から幕を開ける。男女ともに1部と2部があり、リーグの最高峰である男女1部は、以下の各8チームによって優勝の座が争われる。

男子1部

東京アート
シチズン時計
協和キリン
愛知工業大
日鉄物流ブレイザーズ
日野自動車
リコー
クローバー歯科カスピッズ

女子1部

十六銀行
中国電力
デンソー
日立化成
サンリツ
愛媛銀行
豊田自動織機
エクセディ

ホームマッチの結果

十六銀行ホームマッチ
写真:後期ホームマッチ 十六銀行対エクセディ/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

日本リーグには、ホームマッチという制度がある。秋田での本大会に先立ち、本大会の一部として各チームがホーム&アウェイの計2試合を行う。その結果はリーグの結果として本大会の成績に反映される。

男子ホームマッチ勝敗

2勝:東京アート 協和キリン 愛知工業大
1勝1敗:シチズン時計 リコー
2敗:日鉄物流ブレイザーズ 日野自動車 クローバー歯科カスピッズ

前期日本リーグ優勝の東京アートは2勝と幸先の良いスタートを切った。大学卓球から参戦している愛知工業大も2勝を挙げている。前期2位のシチズン時計は、リコーに敗れ、ともに1勝1敗で並んだ。

女子ホームマッチ勝敗

2勝:十六銀行 中国電力 デンソー 日立化成
2敗:サンリツ 愛媛銀行 豊田自動織機 エクセディ

女子は前期大会の上位4チームが後期のホームマッチで2勝を挙げている。2部から昇格を果たしたエクセディは、前期優勝の十六銀行に対して肉薄したが、2-3で惜しくも敗れ、下剋上はならなかった。

男子みどころ

高木和卓
写真:前期日本リーグでの高木和卓(東京アート)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

男子の優勝候補大本命は東京アートか。前期日本リーグは全勝優勝、7月の全日本実業団と、10月の全日本選手権団体の部でも優勝を果たし、その強さは際立っている。ベテランの吉田海偉、高木和卓と、若い吉村和弘、村松雄斗らのメンバーで、前期に続く連覇、そして今シーズン4つ目のタイトルを狙う。

前期2位のシチズンは、全日本実業団と全日本団体でともに東京アートに対して2-3と、あと一歩のところまで迫っている。3度目の正直、東京アートを倒しての優勝となるか、注目だ。

他にも、今年のインカレ王者の愛知工業大や、全日本団体で準優勝を果たした日鉄物流など有力チームが揃う。1部の各チームの実力差はわずかだ。強豪ひしめくリーグで、どのチームが抜け出すか、注目だ。

女子みどころ

徳永美子
写真:ホームマッチでの徳永美子(十六銀行)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

前期優勝の十六銀行は7月の全日本実業団でも優勝を果たした。安藤みなみ、山本怜、徳永美子、加藤杏華ら、24歳以下の若いメンバーが揃い、前後期連覇を目指す。

前期2位の中国電力は、10月の全日本団体で優勝。前期で十六銀行に唯一黒星をつけたのが中国電力だ。日本リーグ初優勝を果たした18年後期に次ぐ、2期ぶり2度目の優勝を狙う。

9月の全日本社会人で優勝した野村萌を擁するデンソー、全日本実業団準優勝の日立化成など、どこが優勝してもおかしくはないだろう。ホームマッチでは2敗と出遅れたが、全日本団体準優勝のサンリツも巻き返しを図る。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)