男女とも前期優勝チーム敗戦 優勝争いは大混戦に<後期日本卓球リーグ 2日目>

写真:藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会 2019年10月30日〜11月3日>

31日、後期日本卓球リーグ秋田大会は2日目を迎え、ここまで前期から全勝の東京アートが敗れるなど、波乱の1日となった。

全勝は愛知工業大学のみに

岩崎栄光(日野自動車)
写真:岩崎栄光(日野自動車)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

1部2期目の日野自動車は、コーチを兼任する岩崎栄光が全日本選手権ダブルスで優勝経験のある酒井明日翔を破るなど、前期2位のシチズン時計に対しストレートでの勝利を収めた。

前期は入れ替え戦に回るなど苦杯を嘗めたリコーだったが、ここまで全勝の協和キリンに対し1ゲームしか与えない完璧な試合運びでストレート勝ち。

愛知工業大学は昇格組のクローバー歯科カスピッズとの力の差を見せつけ、全勝をキープした。

前期優勝で全勝の東京アートとあと一歩のところで勝ちきれず連敗が続く日鉄物流ブレイザーズの対戦は5番までもつれる大熱戦となった。

今年度ゴールド選手(日本人選手1名に限り、他所属からレンタルできる制度)として参戦中の田添健汰(日鉄物流ブレイザーズ)が1番で世界選手権代表の吉村和弘(東京アート)に勝利し、幸先の良いスタートを切る。

しかし、その後東京アートが2本連取し、1-2と日鉄物流ブレイザーズがリードを許す。だが、最後は松下海輝と藤村友也といった長年チームを引っ張ってきた2人が激戦を制し、3-2で勝利を収めた。

前期優勝の十六銀行に土

三村優果(サンリツ)
写真:三村優果(サンリツ)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

ここまで全勝の中国電力、デンソー、日立化成が確実に勝利し、連勝を伸ばす中、前期優勝の十六銀行はサンリツに対して大苦戦。

エース対決となった、1番の安藤みなみ(十六銀行)と平侑里香(サンリツ)の対戦は経験で勝る平が勝利を収めた。ダブルスもサンリツがものにし、平は単複に渡る大活躍を見せる。対戦成績2-2で迎えた5番は1ゲーム目加藤知秋(十六銀行)が11-2と圧倒する。

しかし、接戦となった2ゲーム目以降はサンリツの三村優果がペースを掴むと最後はデュースの末勝利し、サンリツが今期初白星を挙げた。

男子1部 試合結果

東京アート 2-3 日鉄物流ブレイザーズ
協和キリン 0-3 リコー
シチズン時計 0-3 日野自動車
愛知工業大学 3-0 クローバー歯科カスピッズ

女子1部 試合結果

十六銀行 2-3 サンリツ
中国電力 3-0 愛媛銀行
デンソー 3-1 豊田自動織機
日立化成 3-0 エクセディ

3日目見どころ

野村萌(デンソー)
写真:野村萌(デンソー)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

男子では1敗を喫した東京アートがここまで唯一全勝で首位を走る愛知工業大学と対戦する。優勝争いを占う大事な一戦となる。

1敗の協和キリンはシチズン時計との対戦で、優勝争いに踏みとどまるには絶対に負けられない試合である。

他にも日野自動車とリコーの対戦は前期では3-0と日野自動車がストレート勝ちを収めており、リコーがリベンジを果たすか、はたまた日野自動車が連勝を収めるかに注目だ。

一方女子は、中国電力とデンソーの全勝対決や前期優勝で1敗の十六銀行と全勝の日立化成の対決など好カードが目白押しである。

また、ここまで勝ち星のない愛媛銀行と豊田自動織機は残留争いにおいて重要な試合となるだろう。

男女ともに前半戦が終了し、後半戦に突入する3日目。これまで以上に実力が拮抗したチーム同士の対戦が続き、熱戦が期待される。

男子1部

東京アート − 愛知工業大学
シチズン時計 − 協和キリン
日鉄物流ブレイザーズ − クローバー歯科カスピッズ
日野自動車 − リコー

女子1部

十六銀行 − 日立化成
中国電力 − デンソー
サンリツ − エクセディ
愛媛銀行 − 豊田自動織機

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)