女子は中国電力が全勝 男子は1敗で愛工大・東京アート並ぶ<後期日本卓球リーグ4日目>

女子は中国電力が全勝 男子は1敗で愛工大・東京アート並ぶ<後期日本卓球リーグ4日目>

女子は中国電力が全勝 男子は1敗で愛工大・東京アート並ぶ<後期日本卓球リーグ4日目>の画像

写真:宋恵佳(中国電力)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会 2019年10月30日~11月3日>

2日、後期日本卓球リーグ秋田大会は4日目を迎えた。2部で3試合が行われ、男女2部では優勝チームが決定し、男子は原田鋼業、女子は広島日野自動車がともに全勝優勝を決めた。1部では1試合が行われ、男子は東京アート、愛知工業大が1敗で並び首位、女子は中国電力が全勝となっている。3日の最終日は1部優勝チームが決定する。

男子は東京アートと愛知工業大が1敗で並ぶ

3日目に1敗で並んでいた東京アートと協和キリンが対決。ラストまでもつれ込んだ試合は坪井勇磨(東京アート)が渡辺裕介(協和キリン)をフルセットの激戦を制し、3‐2で東京アートが1敗対決を制した。

2チームと共に1敗で並んでいた愛知工業大はシチズン時計と対戦し、ストレート勝ちを収めた。日鉄物流ブレイザーズとリコーの対戦は前半ゴールド選手である田添健汰(日鉄物流ブレイザーズ)をビックトーナメントで2冠を達成した有延大夢(リコー)が下しリードを奪うも、ダブルスを制した日鉄物流ブレイザーズが逆転勝ちを収めた。クローバー歯科カスピッズは粘りを見せラストまで持ち込むも惜しくも敗れ今大会初勝利はお預けとなった。

その結果、東京アートと愛知工業大が1敗で並んで首位となっている。

男子1部4日目結果

東京アート 3-2 協和キリン
シチズン時計 0-3 愛知工業大
日鉄物流ブレイザーズ 3-2 リコー
日野自動車 3-2 クローバー歯科カスピッズ

女子は中国電力が日立化成との全勝対決制す

中国電力と日立化成の全勝対決は、中国電力に軍配が上がった。好調をキープしているチーム対決はラストまで熱戦となった。主将である?田美佳(中国電力)が近藤早紀(日立化成)に勝利した。

前期優勝だった十六銀行はデンソーと対戦。シングルス4戦がフルセットまでもつれ込んだ試合は阿部愛莉(デンソー)が加藤知秋(十六銀行)を下し、デンソーは1敗を守った。女子は4試合の内3試合がラストまでもつれ込んだ激戦となった。

女子1部4日目結果

十六銀行 2-3 デンソー
サンリツ 3-1 豊田自動織機
中国電力 3-2 日立化成
愛媛銀行 2-3 エクセディ

5日目見どころ

男子は1敗で並んでいる東京アートはシチズン時計と、愛知工業大は協和キリンと対戦する。東京アートが勝利すると、直接対決で愛知工業大を下しているため文句なしの優勝となり、今シーズン4つ目のタイトル獲得となる。愛知工業大は協和キリンに勝利し、東京アートにプレッシャーをかけたいところだ。

クローバー歯科カスピッズは2部降格が決まっているものの、前期で2部を全勝優勝した力で最終戦のリコー戦で一矢を報いたいところだ。

日鉄物流ブレイザーズは日野自動車と対戦する。前期日本リーグでは3-0で日鉄物流ブレイザーズが勝利したものの、両チームともラストまでもつれる試合を制した勢いがあり、熱戦が期待される

女子は、中国電力は全勝優勝をかけ十六銀行と対戦する。前期では十六銀行が優勝を果たしたものの、中国電力には1-3で敗れており、リベンジマッチとなる。

入れ替え戦争いも女子では白熱している。豊田自動織機は最終戦を残して全敗だが、最終戦のエクセディとの対決で勝った方が入れ替え戦に臨めるとあって負けられない試合となる。

男女ともに残すところは1試合。得失点までが優勝争いに絡むとあって、どの試合も緊迫した見応えのあるゲームになるのは間違いない。

男子1部

協和キリン ? 愛知工業大
東京アート ? シチズン時計
日鉄物流ブレイザーズ ? 日野自動車
リコー ? クローバー歯科カスピッズ

女子1部

デンソー ? 日立化成
サンリツ ? 愛媛銀行
十六銀行 ? 中国電力
豊田自動織機 ? エクセディ

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)