東京アート、今季4タイトル目獲得 中国電力は全勝優勝<後期日本卓球リーグ最終日>

写真:坪井勇磨(写真奥)・吉村和弘(写真手前・ともに東京アート)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会 2019年10月30日~11月3日>

3日、2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会最終日が行われ、男子は東京アート、女子は中国電力の優勝が決まった。東京アートは、2敗を喫し苦しみながらも今季4つ目のタイトルの獲得。粘り強さを見せた。中国電力は2季ぶり2回目の優勝。前期は惜しくも2位だったが、後期では文句なしの全勝優勝を成し遂げた。

東京アート、今シーズン4つ目のタイトル奪取

東京アート
写真:東京アート/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

東京アートが強い。今シーズンのタイトルを総ナメし、4つ目のタイトルを獲得した。

前期日本卓球リーグで全勝優勝し、7月の全日本実業団、10月の全日本選手権団体の部を制して臨んだ後期日本卓球リーグ。しかし、第3戦まで全勝で進んできたものの、第4戦・対日鉄物流ブレイザーズで敗戦。5勝1敗で最終日を迎えた。

東京アートはシチズン時計と対戦。この試合に勝利すれば優勝という場面であったが、前半で高木和卓(東京アート)と吉田海偉(東京アート)がゲームオールで競り負けた。ダブルスで一矢報いるも吉村和弘(東京アート)が御内健太郎(シチズン時計)のカットを攻略できず1-3で敗れた。この時点で自力優勝は潰えたが、優勝の可能性があった愛知工業大学が協和キリンに敗れたため、得失率で東京アートの優勝が決まった。

愛知工業大
写真:愛知工業大/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

最終日まで東京アートと優勝争いを演じた愛知工業大学は、協和キリンの前に敗れた。前半戦で、チームを引っ張ってきた見真己と田原彰悟が敗れ後がなくなった。全日本ダブルス準優勝の見/松山祐季が1本巻き返すも、4番の松山が松平賢二(協和キリン)に敗れ万事休す。木造勇人と田中佑汰を国際大会で欠いて臨んだ愛知工業大学だったが、今大会は選手層の厚さを知らしめた。

男子1部最終日結果

◯協和キリン 3-1 愛知工業大学
東京アート 1-3 ◯シチズン時計
◯日鉄物流ブレイザーズ 3-0 日野自動車
◯リコー 3-1 クローバー歯科カスピッズ

中国電力、前期2位からのリベンジ達成

中国電力
写真:中国電力/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

中国電力が、全勝で2季ぶり2度目の日本リーグ優勝を果たした。前期日本リーグでは、2位と悔しい結果に終わった。10月の全日本選手権団体の部を優勝して今大会に臨んだ中国電力は強かった。

優勝候補の一角である十六銀行が勝てずに苦しんでいる中、中国電力は負けなかった。唯一最終試合までもつれこんだのは、第6戦の日立化成との一戦。中国電力は、成本綾海とダブルスで勝利し、2-1とリードするも4番を落とし2-2へ追いつかれる。5番は土`田美佳(中国電力)と近藤早紀(日立化成)。土`田が近藤を圧倒し3-0で突き放し、中国電力が苦しみながら勝利を掴み取った。

そして全勝で迎えた最終日。相手は前期日本卓球リーグ優勝の十六銀行だ。1番の宋恵佳(中国電力)が敗れるも2番、ダブルスを制し2-1リードで4番の成本へ。成本は、先日行われた世界卓球2020一次選考会で3位に入り、一次選考会を突破した。そのとき3位決定戦で争ったのが安藤みなみ(十六銀行)だった。後期日本卓球リーグで再び戦うことになった両者だが、今回も成本が安藤を下し中国電力の全勝優勝が決まった。

日立化成
写真:日立化成/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

2位には6勝1敗で日立化成。第6戦で中国電力に迫るも勝ちきれなかった。それでも日立化成は前期4位からの2位にまで持ち上げてきた。来シーズンの日本卓球リーグではどんな戦いをみせてくれるのだろうか。

女子1部最終日結果

デンソー 0-3 ◯日立化成
◯サンリツ 3-0 愛媛銀行
十六銀行 1-3 ◯中国電力
豊田自動織機 2-3 ◯エクセディ

男女1部最終順位

男子1部リーグ

1位:東京アート(5勝2敗)
2位:愛知工業大学(5勝2敗)
3位:協和キリン(5勝2敗)
4位:リコー(4勝3敗)
5位:日鉄物流ブレイザーズ(4勝3敗)
6位:シチズン時計(3勝4敗)
7位:日野自動車(2勝5敗)
8位:クローバー歯科カスピッズ(0勝7敗)

女子1部リーグ

1位:中国電力(7勝0敗)
2位:日立化成(6勝1敗)
3位:デンソー(5勝2敗)
4位:サンリツ(4勝3敗)
5位:十六銀行(3勝4敗)
6位:エクセディ(2勝5敗)
7位:愛媛銀行(1勝6敗)
8位:豊田自動織機(0勝7敗)

表彰

吉田海偉(東京アート・写真左)/成本綾海(中国電力)
写真:最高殊勲選手賞を獲得した吉田海偉(東京アート・写真左)/成本綾海(中国電力)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

男子1部 個人表彰

吉田海偉
写真:吉田海偉(東京アート)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

最高殊勲選手賞:吉田海偉(東京アート)
優秀選手賞:有延大夢(リコー)
優秀ペア賞:松山祐季・見真己(愛知工業大学)
新人賞:郡山北斗(リコー)
ファインプレー賞:後藤卓也(協和キリン)

男子1部 団体表彰

ジャンプアップチーム賞:リコー

女子1部 個人表彰

成本綾海(中国電力)
写真:成本綾海(中国電力)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

最高殊勲選手賞:成本綾海(中国電力)
優秀選手賞:牛嶋星羅(日立化成)
優秀ペア賞:平侑里香・松本優希(サンリツ)
新人賞:徳永美子(十六銀行)
ファインプレー賞:後藤奈津美(日立化成)、三村優果(サンリツ)

女子1部 団体表彰

ジャンプアップチーム賞:エクセディ

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)