張本智和、流れ引き寄せるストレート勝ち 試合は1-1で後半戦へ<JA全農 卓球チームワールドカップ>

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日〜11月10日>

6日、卓球チームワールドカップ東京大会が開幕した。初戦のイングランド戦で敗れた日本男子は、第2戦のオーストリア戦に臨んだ。

1番ダブルス、丹羽孝希(スヴェンソン)/吉村真晴(名古屋ダイハツ)ペアがフルゲームで惜敗するも、2番シングルスで張本智和(木下グループ)が勝利。マッチカウント1-1で団体戦は後半戦に突入する。

ダブルス敗れるも張本が快勝

丹羽・吉村
写真:丹羽孝希(写真手前)・吉村真晴(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

初戦のイングランド戦では勝利を収めた丹羽/吉村ペアだったが、この試合は最初2ゲームを落としたのが響き、ゲームカウント2-3で敗れてしまう。

イングランド戦の悪い流れのままダブルスを落としてしまった日本男子。嫌なムードを断ち切ったのは2番シングルスの張本だった。オーストリアのロベルト・ガルドシュ相手に圧巻のプレーを見せ、3-0のストレート勝ちを収めた。

これで日本男子チームは1-1と試合をイーブンに戻した。続く3番シングルスは丹羽とダニエル・ハーベソンの対戦となる。

詳細スコア

日本 1-1 オーストリア

吉村真晴/丹羽孝希 2-3 〇ステファン・フェゲル/ダニエル・ハーベソン
7-11/8-11/12-10/11-9/6-11

〇張本智和 3-0 ロベルト・ガルドシュ
11-6/11-9/11-6

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)