丹羽・吉村ペア惜敗 ドイツにリード許す<JA全農 卓球チームワールドカップ>

写真:吉村真晴(左)/丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日〜11月10日>

7日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップの男子準々決勝、日本対ドイツの第1試合は、丹羽孝希(スヴェンソン)/吉村真晴(名古屋ダイハツ)がドイツのボル/フランチスカに1-3で敗れた。

第1ゲーム先取するも逆転負け

第1ゲーム、日本ペアが幸先いいスタートを切る。序盤はシーソーゲームがつづくが、丹羽のコースを打ち分けたチキータレシーブが功を奏し、11-7で先取した。

しかし、第2ゲームは序盤からドイツペアの連続ポイントで大量リードを許し、2-11で奪われる。このゲームで流れはドイツペアに。日本ペアは後ろに下げられ、相手のパワーに押される場面が目立つ。勢いは取り戻せず、第3、4ゲームも奪われ、1-3で敗れた。

ボル・フランチスカ
写真:ボル(左)/フランチスカ/撮影:ラリーズ編集部

全体としては0-1でドイツにリードを許したが、第2試合は張本智和対オフチャロフ。16歳、日本のエースの雄叫びが東京体育館に響き渡る。

詳細スコア

丹羽孝希/吉村真晴 1-3 ○ボル/フランチスカ
11-7/2-11/5-11/5-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)