【速報】中国との決戦 丹羽・吉村ペアと張本が敗れ中国がリード<JA全農 卓球チームワールドカップ>

写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日〜11月10日>

9日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップの男子準決勝、日本対中国は、第1試合の丹羽/吉村と第2試合の張本がともに敗れ、チームとしても0-2と追い込まれた。

ダブルスは中国ペアに軍配

丹羽吉村ペア
写真:丹羽孝希/吉村真晴/撮影:ラリーズ編集部

7日の準々決勝で、ドイツに対して逆転勝利を挙げた日本男子チーム。一日のオフを経て、選手たちが決戦の舞台に戻ってきた。土曜日の注目の一戦。昨日までを遥かにしのぐ、多くの観客が東京体育館に詰めかけ、会場のボルテージは最高潮だ。

第1試合の丹羽孝希(スヴェンソン)/吉村真晴(名古屋ダイハツ)のダブルスは梁靖崑(リャンジンクン)/許マ(シュシン)との対戦。第1ゲームは序盤から中国ペアがリード。ダブルス巧者の許マとパワーのある梁靖崑に押され、6-11で日本ペアがこのゲームを落とす。

第2ゲーム以降も、会場を沸かせるラリーが見られたが、ゲームをリードするのは中国ペア。第2,3ゲームも6-11、6-11で奪われ、ダブルスの軍配は中国ペアに上がった。

張本 会場を沸かすも世界ランク1位に敗れる

樊振東
写真:樊振東/撮影:ラリーズ編集部

続く第2試合は張本智和(木下グループ)と樊振東(ファンジェンドン)の対戦。日本の16歳エース張本が中国の現世界ランク1位、樊振東に挑んだ。

第1ゲーム、台上での主導権争いが続く。点数は樊がリードを奪うが、張本も食らいつく。しかし、台上から攻めに転じた張本のボールにミスがでるなど、張本が追い越すには至らず。7-11でこのゲームを落とす。

第2ゲーム、序盤は点の奪い合いが続く。バック対バックのラリーでは張本が奪うなど、互角の勝負をみせた。しかし、4-5から樊が6ポイント連取。ゲームカウント0-2となった。

第3ゲーム、互いにチキータを多用し、激しいラリーがつづく。ラリーでは互角の勝負を見せる張本。このゲームは接戦となり、デュースまでもつれる。張本は2度のゲームポイントを握るが、奪いきれない。11-12とされた次のポイント、樊が床に滑りながら打ったボールを張本が返せずゲームセット。会場を沸かせた張本だったが、世界ランク1位の前にストレートで敗れた。

全体としては0-2と後がない状況に追い込まれた日本チーム。3番は吉村真晴。ドイツ戦に続くジャイアントキリングに期待だ。

詳細スコア

日本 0-2 中国

丹羽孝希/吉村真晴 0-3 ○梁靖崑/許マ
6-11/6-11/6-11

張本智和 0-3 ○樊振東
7-11/4-11/11-13

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)