激戦必至の本戦がスタート 日本勢勝ち残れるか<卓球・オーストリアオープン3日目見どころ>

写真:2019チームワールドカップの張本智和/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日〜11月17日>

14日、オーストリアオープンは男女シングルスの予選3,4回戦、男女ダブルスの予選1回戦、混合ダブルスの予選2回戦が行われ、本戦出場者が決定した。

男子シングルスでは、及川瑞基(専修大学)と吉村真晴(名古屋ダイハツ)が予選を通過。シードの張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、水谷隼(木下グループ)と合わせて、日本勢は5人が本戦に出場する。

女子シングルスでは、安藤みなみ(十六銀行)、早田ひな(日本生命)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)が予選を通過。シードの伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)と合わせて、日本勢は7人が本戦に出場する。

男子ダブルスでは森薗政崇(BOBSON)/吉村真晴ペアが、女子ダブルスでは平野美宇/石川佳純ペアとシードの木原美悠/長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペア、混合ダブルスでは張本智和/早田ひなペアとシードの水谷隼/伊藤美誠ペアが本戦に出場する。

大会3日目は、男女シングルス、男女ダブルス・混合ダブルスの1回戦が行われる予定。ここからは、それぞれの試合の見どころを紹介する。

男子シングルス 3日目の見どころ

男子シングルス 1回戦

及川瑞基 ー 樊振東(ファンジェンドン・中国)
吉村真晴 ー 林ホ儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)
水谷隼 ー リアム・ピッチフォード(イングランド)
張本智和 ー ルーウェン・フィルス(ドイツ)
丹羽孝希 ー ベネディクト・デューダ(ドイツ)

第3シードの張本は、1回戦でルーウェン・フィルスと対戦する。先日行われたチームワールドカップのドイツ戦では、ドミトリ・オフチャロフ、パトリック・フランツィスカという実力者を倒し、日本の準決勝進出の立役者となった張本。まずは初戦突破を目指す。水谷は1回戦でリアム・ピッチフォード、丹羽はベネディクト・デューダと、それぞれ対戦する。

及川瑞基
写真:2019タイOPの及川瑞基/提供:ittfworld

及川は、森薗政崇を4-0で破った邱党(チュウダン・ドイツ)にフルゲームで勝利して本戦進出を果たした。1回戦の相手は、第1シードの樊振東。厳しい戦いを強いられるだろうが、チャレンジャーとして、積極的なプレーを見せてくれるだろう。

同じ予選突破組の吉村は、1回戦で林ホ儒と対戦する。こちらも、1回戦から厳しい戦いが予想されるが、チームワールドカップでティモ・ボル(ドイツ)にストレート勝利したときのような爆発力を発揮できれば、勝利も十分期待できる。得意のアップダウンサービスを活かして、難敵を攻略できるか。

女子シングルス 3日目の見どころ

伊藤美誠
写真:2019チームワールドカップの伊藤美誠/提供:ittfworld

女子シングルス1回戦

木原美悠 ー ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
石川佳純 ー 陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズ・タイペイ)
伊藤美誠 ー ヤン・シャオシン(モナコ)
安藤みなみ ー 田志希(チョンジヒ・韓国)
平野美宇 ー 早田ひな

注目の伊藤は、1回戦でヤン・シャオシン(モナコ)と対戦する。対戦相手のヤン・シャオシンとは先月のドイツオープン準々決勝で対戦し、そのときは4-1で伊藤が勝利している。とはいえ、ヤン・シャオシンはそのドイツオープンで石川佳純を倒しており、一筋縄ではいかない相手に変わりはない。チームワールドカップで日本を決勝に導く原動力となった伊藤。そのときの勢いそのままに、初戦をしっかりと勝利できるか。

平野美宇は、1回戦で早田ひなと激突する。Tリーグでは同じ日本生命レッドエルフに所属するチームメイト。1回戦から熱戦となるだろう。

石川佳純は、予選で長ア美柚を倒した陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズ・タイペイ)と、佐藤瞳は張瑞(チャンルイ・中国)と対戦する。陳思羽は世界ランキング27位、張瑞は世界ランキング73位。しかし、張瑞はドイツオープンではシングルスベスト16に入り、一ヶ月で世界ランキングを50近くアップさせた、今勢いに乗っている選手だ。石川と佐藤は、昨年のオーストリアオープンでは初戦敗退と、悔しい経験をしているためこの試合は絶対に負けられないだろう。

予選通過組の木原美悠はベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)、安藤みなみは田志希(チョンジヒ・韓国)と対戦する。両者とも、世界ランキング上位の強敵との対戦となる。

男女ダブルス・混合ダブルス 3日目の見どころ

男子ダブルス

森薗/吉村ペア
写真:ジャパンOPの森薗/吉村ペア/提供:ittfworld

男子ダブルス1回戦

森薗政崇/吉村真晴 ー リョウ・シンテイ/林ホ儒(チャイニーズタイペイ)

森薗/吉村ペアは、1回戦で第2シードのリョウ・シンテイ/林ホ儒ペアと対戦する。森薗/吉村ペアにとっては、1回戦から難しい戦いとなるだろう。また、吉村は林ホ儒とシングルスでも対戦するだけに、この試合で球威や回転などの感覚を掴んでおきたいところだ。

女子ダブルス

木原/長アペア
写真:ジャパンOPの木原/長アペア/提供:ittfworld

女子ダブルス1回戦

木原美悠/長ア美柚 ー ドデアン・モンテイロ(ルーマニア)/エリザベタ・サマラ(ルーマニア)
平野美宇/石川佳純 ー ドーラ・マダラサズ(ハンガリー)/ペルゲル・サンドラ(ハンガリー)

第1シードの木原/長アペアは、ドデアン・モンテイロ/エリザベタ・サマラペアと対戦する。シングルスの世界ランキングでは両者とも、木原と長アよりは上だが、ダブルスはシングルスの力の足し算ではない。抜群のコンビネーションで、ドイツオープン準優勝ペアとしての力を見せてくれるだろう。

平野/石川ペアはドーラ・マダラサズ/ペルゲル・サンドラペアと対戦する。両者とも世界ランキングは2桁台の選手で、決して油断はできない。

混合ダブルス

水谷/伊藤ペア
写真:2019スウェーデンOPの水谷/伊藤ペア/提供:ittfworld

混合ダブルス1回戦

水谷隼/伊藤美誠 ー オビディウ・イオネスク(ルーマニア)/ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
張本智和/早田ひな ー 何鈞傑(フージュンジェ・中国香港)/李皓晴(リホチン・中国香港)

水谷/伊藤ペアは、オビディウ・イオネスク/ベルナデッタ・スッチペアと対戦する。今大会第3シードの水谷/伊藤ペアは、組み合わせも準決勝まで中国ペアと当たらない好位置につけた。ドイツオープンではベスト8に終わっただけに、今大会では是が非でも表彰台に上がりたいところだろう。ますは着実に1回戦突破を目指す。

張本/早田ペアは、何鈞傑/李皓晴ペアと対戦する。シードを獲得している力のあるペアなので、難しい試合になるが、予選を突破してきた勢いは大きな力となるだろう。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)