石川/平野ペア、圧巻のストレート勝ちで8強入り<卓球・オーストリアオープン 女子複>

写真:チームワールドカップでの石川佳純(写真手前)・平野美宇(写真奥)/提供:ittfworld

14日、オーストリアオープンの女子ダブルス1回戦が行われ、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペア、長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアが登場。両ペアとも勝利し、準々決勝へ駒を進めた。

“かすみう”ペアが快勝

日本代表をチームワールドカップで準優勝に導いた“かすみう”ペアこと石川/平野ペアは、ハンガリーペアを寄せ付けない。序盤から主導権を握り、平野のフリックや石川のチキータなどレシーブからも攻め続けた。終わってみればゲームカウント3-0のストレートで快勝し、危なげなく準々決勝進出を決めた。

長ア・木原
写真:クロアチアオープンでの木原美悠(写真手前)・長ア美柚(写真奥)/提供:ittfworld

一方、今大会第1シードを獲得している長ア/木原ペアは、ルーマニアのエリザベタ・サマラ/ドデアン・モンテイロペアと対決した。チームワールドカップのルーマニアの代表として団体戦でも活躍したルーマニアペアに、日本ペアは幸先良く2ゲームを連取する。そこから追いつかれフルゲームにもつれ込むも、最後は逃げ切り、こちらもベスト8に進出した。

勝利した石川/平野ペアはアメリカのウー・ユエ/チャン・リリーペアと、長崎/木原ペアは韓国の崔孝珠(チョヒョジュ)/梁夏銀(ヤンハウン)ペアと準々決勝で戦うこととなった。

詳細スコア

〇石川佳純/平野美宇 3-0 ドーラ・マダラサズ/ペルゲル・サンドラ(ハンガリー)
11-3/11-8/11-3

〇長ア美柚/木原美悠 3-2 エリザベタ・サマラ/ドデアン・モンテイロ(ルーマニア)
11-6/11-5/9-11/9-11/11-6

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)