【Tリーグ】岡山、世界卓球ベスト16カットマン・ワンヤン獲得

写真:ワンヤン(岡山リベッツ)/提供:ittfworld

4日、Tリーグ男子の岡山リベッツがワンヤンの新加入を発表した。

2016年スロバキアの代表としてリオ五輪出場。カット主戦型のバック表で様々な変化を操り出し相手のミスを誘いだすプレーを持ち味としている。2019年世界卓球選手権ブダペスト大会ではシングルベスト16に入るなど実力は折り紙つきだ。

現在、Tリーグ男子では、マッチ勝利数1位に侯英超(ホウエイチョウ・木下マイスター東京)、3位に朱世赫(チュセヒョク・琉球アスティーダ)がつけるなど、カットマンの活躍が目立っている。先日、T.T彩たまもギリシャのカットマンであるパナギオティス・ジオニスの獲得を発表しており、ワンヤンの加入により男子全チームにカットマンが揃うこととなった。

前回の試合では、新加入した趙大成(チョデソン・韓国)の活躍により連敗を脱した岡山リベッツ。新戦力が最下位に沈むチームの起爆剤になるか注目だ。

プロフィール

ワンヤン
写真:2019年スウェーデンOPのワンヤン/提供:ittfworld

生年月日:1994年9月24日 (年齢 25歳)
生まれ: 中国
戦型:右シェークカット型

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)