「優勝に一番近いのは伊藤美誠」 卓球・馬場女子代表監督が全日本見どころを解説

写真:馬場美香女子監督/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 2020年1月13日〜19日>

6日、天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(以下、全日本)の組み合わせが発表され、卓球日本代表・馬場美香女子監督が東京都内で全日本女子シングルスの見どころを語った。

第1ブロック:「やはり伊藤がトップ」

第1ブロック
図:第1ブロックのスーパーシード/作成:ラリーズ編集部

第1シードは、昨年女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3冠を獲得した伊藤美誠(スターツ)。馬場監督も「やはり伊藤がトップかなと思う。注目はスーパーシードの全選手が伊藤選手にどのような戦いを挑んでいくか」と現在世界ランキング4位と自己最高位につけ好調の伊藤についてコメント。

また「スーパーシードではないが、今注目しているのが小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)。先日の世界ジュニアでも2位になって、勢いを持っているので、彼女がどこまで上がってくるのかも注目の1つ」と塩見真希(ミキハウス)のシード下に入った14歳のカットマンを注目株として挙げた。

第2ブロック:「佐藤、早田、長アに注目」

第2ブロック
図:第2ブロックのスーパーシード/作成:ラリーズ編集部

第2ブロックには、佐藤瞳(ミキハウス)、早田ひな(日本生命)、長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)と世界でも活躍する選手が名を連ねた。

馬場監督は第2ブロックに関して「ここで注目は佐藤瞳、昨年3位の早田」。さらに両選手に続いて「ここに長アがどのように戦って上がってくるかが見どころ」と世界ジュニア女子シングルスを制覇し、成長著しい長アへ期待を寄せた。

第3ブロック:「石川が少し有利」

第3ブロック
図:第3ブロックのスーパーシード/作成:ラリーズ編集部

第3ブロックは石川佳純(全農)、芝田沙季(ミキハウス)とワールドツアーで成績を残している選手に続き、森さくら(日本生命)、平侑里香(サンリツ)、庄司有貴(中国電力)と実力者が目立つ。

今世界ランキング10位の石川が少し有利。そこに対抗すべく森、ワールドツアーでも活躍している芝田、実業団でもコンスタントに成績をあげている平、インターハイ優勝の出雲美空(遊学館)が戦いを臨んでいく」と馬場監督は戦況を分析した。

第4ブロック:「木原、平野、加藤が上がってくるのでは」

第4ブロック
図:第4ブロックのスーパーシード/作成:ラリーズ編集部

第2シードの木原美悠(JOCエリートアカデミー)、世界ランキング11位の平野美宇(日本生命)、2019年世界卓球代表の加藤美優(日本ペイントホールディングス)、前回大会の女子ジュニア女王の出澤杏佳(大成女子高)、大学生女王の森田彩音(中央大)、カットマンの橋本帆乃香(ミキハウス)と群雄割拠の第4ブロック

馬場監督によると「このブロックでは、第2シードの木原、世界ランキング11位の平野、そして加藤が上がってくるのではと思われる。対抗はカットで安定している橋本、世界ジュニア団体戦のメンバーでもある出澤。両面異質の出澤がどのように戦うかは見もの。森田は全日本学生でも優勝し、Tリーグでも活躍している」と注目選手の名を列挙した。

シード選手以外では「成本綾海(中国電力)。先日行われた世界選手権の1次選考会を通過している」と社会人の実力者に熱視線を送った。

女子シングルス総括:「優勝に一番近いのは伊藤美誠」

伊藤美誠
写真:前回大会で3冠を達成した伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

馬場監督は女子シングルス全体について「優勝に一番近いと思っているのは第1シードの伊藤美誠。昨年3冠で今年も3冠なるかというところが見どころ。女子シングルスの中では、頭1つ飛び出ているかなと思っている」とT2ダイヤモンド準優勝など世界でもトップの結果を残している伊藤の強さを改めて口にした。

「自分たちが優勝しようと狙っているのが、ワールドランキングの高い石川、平野、昨年準優勝の木原、カットマンの佐藤、昨年3位の早田。そこに続いて長ア、加藤、森、芝田、安藤といった選手が上位、優勝を狙っていく選手だろうと思う」と女子シングルスを総括した。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)