3連覇目指す森薗/伊藤、ベスト8入り 「1試合1試合良くなっている」<全日本卓球2020>

写真:森薗政崇(左・BOBSON)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日〜19日>

全日本選手権混合ダブルス4回戦で、大会2連覇中の森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)がゲームカウント3-0で勝利し、ベスト8入りを決めた。

「全日本はすごく怖い大会」

写真:森薗政崇(左・BOBSON)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ラリーズ編集部
写真:森薗政崇(左・BOBSON)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ラリーズ編集部

森薗/伊藤ペアは同日に行われた3回戦・中村廉(原田鋼業)/庄司有貴(中国電力)ペアとの試合で、ゲームカウント2-0リードから追いつかれ、3-2のフルゲームで辛勝した。伊藤が「3回戦の試合があったおかげで、最後の試合は3ゲーム目、気を引き締め直した。あの試合があったから落ち着いて戦えた」と語れば、森薗も「再認識しました。全日本はすごく怖い大会だなと。改めて気を引き締め直すことができた」とコメントしたように、しっかりと要所を締めるプレーで4回戦は3-0で勝利した。

4回戦に勝利した後、森薗は「まだまだコンビネーション的にはいまいちなところはあるが、1試合1試合良くなっている実感はある。前の試合を競り合いで取ることができたので、1つ山を越えたのかなと思う」と振り返った。伊藤も「だんだんとよくなってきているので、明日(15日)に備えてしっかり体調管理万全にして、もっともっといい試合ができるように頑張りたいと思う」と意気込んだ。

また、森薗/伊藤ペアは毎試合ユニフォームを変えており、ピンク色も用意しているという。森薗は「僕たちスポーツ選手は見てもらってなんぼなんで。少しでもそれで楽しんでもらえたら」とファンへのサービスも忘れない。伊藤も「自分たちも(ユニフォームを変えることで)すごい気分が上がります。日本の試合でしか(いろんなユニフォームを)着られないので。いろんな楽しみが出てきて良いかなと思います」とコメント。

森薗/伊藤ぺアは、15日の準々決勝で硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)と対戦するが、プレーだけでなくユニフォームにも注目だ。

詳細スコア

写真:大澤祐貴(埼玉工業大)・川北帆香(正智深谷高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:大澤祐貴(埼玉工業大)・川北帆香(正智深谷高)/撮影:ラリーズ編集部

◯森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ) 3-0 大澤祐貴(埼玉工業大)/川北帆香(正智深谷高)
11-3/11-6/11-9

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)