みまひなペア、落ち着きみせて逆転 3連覇目指し6日目へ<全日本卓球2020・女子複>

写真:早田ひな(右)・伊藤美誠/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日〜19日>

全日本卓球選手権、女子ダブルスは準々決勝を終えた。3連覇をかける伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)は1-2のビハインドから逆転し、準決勝に駒を進めた。

みまひなに王者の風格 実業団ペアに逆転勝利

みまひな
写真:早田ひな(左)・伊藤美誠/撮影:ラリーズ編集部

伊藤美誠/早田ひなの”みまひなペア”は準々決勝で安藤みなみ/徳永美子(十六銀行)と対戦。伊藤/早田は第2、第3ゲームを奪われ敗戦まであと1ゲームとされるが、経験値の高い2人に焦りはなかった。試合後、早田が「落ち着いてやれば悪い流れを変えることができると知っていた」と語るように、その後は流れを奪い返した。ゲームカウント3-2と、スコアを見れば”辛勝”という感じだが、試合後の彼女たちには王者の余裕が感じられた。

今大会、ペアとしては3連覇、伊藤個人としては3年連続3冠の偉業がかかる。その中でも伊藤は「その点については重圧を感じていない。目の前の試合に集中したい」と、女子ダブルス決勝までが行われる18日に備える。

10代ペアの長ア木原はストレート勝利

木原長ア
写真:長崎美柚/木原美悠(手前)/撮影:ラリーズ編集部

グランドファイナル王者として全日本に臨む長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)は準々決勝、成本綾海/井絢乃(中国電力)を3-0で下した。17歳の長崎と15歳の木原。若い10代ペアが全日本の歴史に新たな風を吹き込むか、優勝をかけて18日に臨む。

大藤芝田
写真:大藤沙月(左)・芝田沙季/撮影:ラリーズ編集部

昨年準優勝の芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)は?田美佳/宋恵佳(中国電力)を3-1で撃破。準決勝では長ア/木原と対戦する。国内屈指の強豪実業団、中国電力からはベスト8に2ペア残っていたがともにベスト4進出は果たせなかった。

梅村塩見
写真:梅村優香(左)・塩見真希/撮影:ラリーズ編集部

塩見真希(ミキハウス)/梅村優香(中央大)の四天王寺高出身ペアは、松本優希/平侑里香(サンリツ)とのフルゲームの接戦を制してベスト4入りを決めている。

女子ダブルス準々決勝 結果

?田美佳/宋恵佳(中国電力) 1-3 ○芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)
○長ア美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)木原美悠(JOCエリートアカデミー) 3-0 成本綾海/井絢乃(中国電力)
○塩見真希(ミキハウス)/梅村優香(中央大) 3-2 松本優希/平侑里香(サンリツ)
○伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命) 3-2 安藤みなみ/徳永美子(十六銀行)

女子ダブルス準決勝 組み合わせ

伊藤美誠/早田ひな − 塩見真希/梅村優香
長ア美柚/木原美悠 − 芝田沙季/大藤沙月

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)