Tリーグ・琉球、ネットオンとスポンサー契約 沖縄の中小企業の採用難解消を目指す

写真:琉球アスティーダの胸ロゴ(木造勇人)/撮影:伊藤圭

31日、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、株式会社ネットオンとオフィシャルスポンサー契約を締結。同時に株式会社ネットオンが提供する採用マーケティングツール「採用係長」を琉球アスティーダが運営する卓球バル、スポーツバルその他全8店舗へ導入することを発表した。

琉球アスティーダは50社以上のスポンサーを抱え、上場を目指すだけでなく、首里城支援やトライアスロン大会開催など地方創生、地域活性化に取り組んでいる。この度の提携により、沖縄の中小企業が抱える採用難や人材不足の問題の解消に繋げる考えだ。

Tリーグでもチームは現在3位と、2位と勝ち点1差につけ、悲願のファイナル進出を目指し戦っている。卓球面でもビジネス面でも琉球の活躍に注目だ。

琉球アスティーダスポーツクラブ代表 早川周作氏コメント

早川周作氏
写真:早川周作氏/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

琉球アスティーダは当初から、スポーツを通じた地方創生、地域貢献をビジョンに掲げてまいりました。
この度、株式会社ネットオン様との「採用係長」で沖縄の多くの企業様が直面している採用や人材難の解消にご一緒に取り組んでまいります。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)