「誕生日に緊急事態宣言」の河本準一 お笑い“卓球ラリー”を披露

「誕生日に緊急事態宣言」の河本準一  お笑い“卓球ラリー”を披露

「誕生日に緊急事態宣言」の河本準一 お笑い“卓球ラリー”を披露の画像

写真:河本準一(次長課長)/撮影:つのだよしお/アフロ
8日、人気お笑い芸人の河本準一(次長課長)がTwitterを更新し、「誕生日に緊急事態宣言。だから、家で卓球した」とのコメントとともに自宅のテーブルで卓球をプレーする動画をアップした。テレビリモコンやフライパンなどの日用品をラケット代わりにした器用な返球で、インターネット上のファンの笑いを誘った。

日用品で見事なラリーを披露

政府が新型コロナウイルスの感染者急増を受けて緊急事態宣言を発令した4月7日は奇しくも河本の45歳の誕生日。外出自粛要請の中、河本は、自宅テーブルでの卓球を披露。1球ごとにミニ卓球ラケット、リモコン、水筒、フライパン(卵焼き用)を持ち替えながら見事に返球し、最後はお風呂用と思われる座椅子を使って、身を乗り出してのダイビングスマッシュを披露した。

河本の器用なプレーに対し「さすが!器用ですね。癒されました」「最高な家での過ごし方ですね♪」との反響が多数寄せられている。

世界中の卓球アスリートに加え、Jリーガーの清武弘嗣らも自宅で卓球をする動画をアップするなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自宅で過ごす時間(おうち時間)が長くなる中で、家のテーブルで卓球を楽しむケースが増えているようだ。

外出自粛でのストレス解消に、自宅でも楽しめる卓球が役に立つシーンがしばらく続きそうだ。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)