【Tリーグ】全日本チャンピオン宇田幸矢、琉球に移籍

写真:宇田幸矢/提供:ittfworld

2日、卓球Tリーグ男子・琉球アスティーダは、宇田幸矢(明治大学)の入団が決定したことを発表した。

宇田幸矢(18)は、張本智和を決勝で破って今年の全日本チャンピオンになり、4月発表の世界ランキングでは自身最高の35位につけるなど、成長目覚ましい若手のホープ。木下マイスター東京から移籍し、3季目は琉球アスティーダでプレーすることになる。

琉球アスティーダは、セカンドシーズンは2位に躍進、ファイナル進出を決めていたが、先日の発表でファイナル開催そのものが中止となった。

既に、来季は2019年全日本ジュニア優勝の戸上隼輔選手や、キャプテン吉村真晴選手の弟である吉村和弘選手の加入も発表しており、ここに全日本チャンピオンの宇田幸矢も加わることで、充実の戦力で悲願の優勝を狙うことになった。

>>【卓球・宇田幸矢】水谷、丹羽に続け 明大でパリ五輪目指す

宇田幸矢コメント

宇田幸矢
写真:2019年世界ジュニアでの宇田幸矢/提供:ittfworld

宇田幸矢は、琉球アスティーダのYouTubeチャンネルで「琉球アスティーダはメンバーや雰囲気が良いのでその中でプレーできるのが今から楽しみです。沖縄のホーム会場で早くプレーがしたいです。得意なチキータからの畳みかける攻撃や、カウンタープレーをファンの皆様に見てもらいたいです」などと抱負を語った。

琉球アスティーダスポーツクラブ代表 早川周作氏コメント

琉球アスティーダのベンチ
ファイナル進出を決めて抱き合う琉球アスティーダベンチ/提供:?T.LEAGUE

実績を積み上げ着実に成長し続ける日本のエース、全日本チャンピオンを獲得できたことを、大変嬉しく思います。現在、交渉中の国内問わず海外選手もいますが、現状で私が考えるベストメンバーが揃いました。
3rdシーズンは頂点を目指し、チーム一丸となり着実に勝利を積み重ね、ファンの皆様にお楽しみいただける試合ができるようにベストを尽くしてまいります。
皆様の応援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)