JA全農、石川佳純監修のカレーや牛丼など26300食を医療従事者に提供

写真:JA北海道厚生連の園木専務と職員の方々/提供:JA全農

JA全農は、JAグループの医療事業を担う全国105の厚生連病院や医療施設の職員に、卓球日本代表の石川佳純(全農)が監修し、国産食材を使用した「石川佳純(かすみん)牛丼」、「石川佳純(かすみん)カレー」、「石川佳純(かすみん)炊きたてごはん(パックご飯)」計26,300食を、5月11日から順次、提供することを発表した。

地域・社会を支える医療従事者を「ニッポンの食」で応援

JA全農は、厚生連病院の医療従事者を「食」の面からサポートすることを目的とし、今回の取り組みを実施した。

これらのパックご飯やレトルト食品は、卓球日本代表が海外遠征する際にも全農から提供しており、海外で手軽に調理できるため選手、関係者からも好評を得ている。

そのため、新型コロナウイルス感染予防への取り組みや診療などで、多忙な状況にある医療従事者も手軽に食せるものとなっている。

「本会病院職員への心とお腹が温まる支援に、心より感謝申し上げます。ご支援を励みとし、今後も役職員一丸となって、戦ってまいります」(JA北海道厚生連)、「コロナウイルス感染症について収束の見えない状況下のご支援は、医療機関にとって大変ありがたい」(JA長野厚生連)など現場からも感謝の声が寄せれられている。

今後も全農は、地域・社会を支える医療従事者を「ニッポンの食」で応援していく考えだ。

提供商品

■「石川佳純(かすみん)炊きたてごはん(パックご飯)」約17,500食
石川佳純(かすみん)炊きたてごはん(パックご飯)
写真:石川佳純(かすみん)炊きたてごはん(パックご飯)/提供:JA全農

■「石川佳純(かすみん)カレー」4,500食
石川佳純(かすみん)カレー
写真:石川佳純(かすみん)カレー/提供:JA全農

■「石川佳純(かすみん)牛丼」4,300食
石川佳純(かすみん)牛丼
写真:石川佳純(かすみん)牛丼/提供:JA全農

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)