【Tリーグ】女子シーズンMVPは14勝の森さくら 男子は39歳・侯英超が受賞

写真:森さくら/撮影:ハヤシマコ

15日、卓球Tリーグは、オンライン会見にて「ノジマTリーグ 2019-2020シーズン 表彰選手」を発表した。

セカンドシーズンの表彰選手が発表

シーズンMVPはプレーオフファイナル中止のため、レギュラーシーズンの成績で1位となった木下マイスター東京と日本生命レッドエルフの男女各優勝チームより選出された。

男子は、リーグ2位の11勝をあげた侯英超(ホウエイチョウ・木下マイスター東京)、女子は、リーグトップの14勝をあげた森さくら(日本生命レッドエルフ)が受賞した。MVPに輝いた両選手には賞金として100万円が贈られた。

森さくら
写真:森さくら/撮影:ハヤシマコ

また、後期34試合にて最も活躍した男女1名ずつに送られる後期MVPは、男子は神巧也(T.T彩たま)、女子は森さくら(日本生命レッドエルフ)が受賞した。

神は後期だけで7勝で勝利数は1位、7勝2敗という勝率の高さでチームを牽引、森は後期だけで8勝をあげ、8勝1敗の勝率の高さでチームの首位に貢献したことが受賞理由となった。

写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:保田敬介
写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:保田敬介

最優秀監督には、日本生命レッドエルフの村上恭和総監督が、ベストペア賞は男子・田添健汰/宇田幸矢(木下マイスター東京)、女子・鈴木李茄/梁夏銀(トップおとめピンポンズ名古屋)がそれぞれ選出された。

ノジマTリーグ 2019-2020シーズン 表彰選手

優勝チーム

男子:木下マイスター東京
女子:日本生命レッドエルフ

シーズンMVP

男子:侯英超(ホウエイチョウ・木下マイスター東京)
女子:森さくら(日本生命レッドエルフ)

ベストペア

男子:田添健汰/宇田幸矢(木下マイスター東京)
女子:鈴木李茄/梁夏銀(トップおとめピンポンズ名古屋)

最優秀監督

村上恭和総監督(日本生命レッドエルフ)

セカンドシーズン後期 ノジマMVP賞

男子:神巧也(T.T彩たま)
女子:森さくら(日本生命レッドエルフ)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)