【見逃したあなたに】ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将 -」6話までのあらすじ

写真:浅草雷門高校の木曽義雄(池田彪馬)/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」(日本テレビ系)がいよいよ終盤に差し掛かっている。今夜20日(水)24:59〜第7話が放送されるが、これまでの第6話までを見逃してしまったというあなたのために、簡単にあらすじをおさらいしておこう。

舞台は“卓球ですべての序列が決まる時代”

薩川大学付属渋谷高校
写真:東東京の頂点に君臨する薩川大学付属渋谷高校/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

舞台は空前の卓球ブームが巻き起こる20XX年の東京、卓球ですべての序列が決まる時代。東東京の頂点には薩川大学付属渋谷高校が君臨し、すべての高校は薩川の傘下に置かれていた。

そこに挑むのが主人公の高杉律(佐野勇斗)が通う新進気鋭の恵比寿長門学園、通称エビ高。部長の松陰久志(北村匠海)や、エースの桂光太郎(古川毅)と共に、「この狂った時代を終わらせる」と立ち上がる。

突然現れた浅草雷門高校

卓球の王将 6話場面写真
写真:試合を申し込んできた浅草雷門高校/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

いよいよ薩川との頂上決戦を控えたエビ高に、突然ランク7位の浅草雷門高校が試合を申し込んできた。エビ高は、部長の松陰とエース光太郎を療養中で欠く中、律は浅草雷門高校、原田(加藤諒)の挑発に乗ってしまう。

「俺が勝つから大丈夫だ」意気込む律とは対照的に、エビ高部員たちの心は少しずつ律から離れていく。

エビ高分裂の危機

卓球の王将 6話場面写真
写真:退部届を光太郎に持ってきたエビ高部員たち/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

試合直前、エビ高部員たちは入院中の光太郎を訪れ、退部届を渡す。「次の浅草雷門高校戦で負けたら退部する」それは彼らもまた一緒に戦っているという決意表明だった。

エビ高劣勢の試合中、病室の光太郎は律の携帯に電話をかける。

「お前はいつも自分のことばかりだ」という光太郎の言葉に、律は、はっと気づく。

卓球の王将 6話場面写真
写真:高杉律(佐野勇斗)/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

部員たちもまた皆努力してきたことを。そして、仲間を信頼して戦うということを。

律が負けてもエビ高勝利


写真:エビ高ペアの伊藤俊介(写真左:吉澤要人)と高杉律(写真右:佐野勇斗)/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

それを証明するように、律のペアは敗北するがその後の部員たちの勝利で、エビ高は浅草雷門高校との試合に勝利したのだった。

第7話は5月20日放送

卓球の王将 7話場面写真
写真:高杉律(写真左、佐野勇斗)と松陰久志(写真右、北村匠海)/提供:汐留ヱビス商店街 FAKE MOTION製作委員会

5月20日(水)24:59〜放送の第7話では、いよいよ薩川との頂上決戦を迎える。怪我を押して自身のギフテッド開眼に挑む光太郎、そして主将松陰は、自身の命を削利ながら試合に出場するが…。

様々な葛藤を描きながら、いよいよクライマックスを迎える「FAKE MOTION -卓球の王将-」から目が離せない。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)