星優真(東山)が男子単V 張本智和と同クラブで腕を磨いた左腕<卓球・京都府夏季大会>

写真:星優真(東山高校)/撮影:ラリーズ編集部

<京都府高等学校卓球選手権大会(夏期大会) 8月18日〜19日・三段池公園体育館>

19日、京都府高等学校卓球選手権大会(夏期大会)は男子シングルスが行われ、星優真(東山高校・2年)が決勝で富澤俊(東山高校・3年)を下し、優勝を果たした。

今大会は従来なら引退している3年生の参加が認められており、インターハイ中止を受けた各自治体レベルで行われる高校総体の代替大会だ。新型コロナウイルス感染予防のため、無観客開催となり、ベンチコーチなし、試合後の握手なしなど徹底した対策の中、試合が行われた。

また、地方大会ながらLabolive(ラボライブ)がインターネット中継で1回戦から全試合を生配信。新型コロナウイルスの感染予防を考慮した中で実施する試合の1つのモデルを示した大会となった。

決勝は2年対3年の東山同士討ち

大会2日目の19日、男子シングルスは6回戦(ベスト16決定戦)から行われた。インターハイ常連校の東山高校勢が勝ち上がり、準決勝は星優真 vs 佐藤匠海の東山高校2年生対決と富澤俊 vs 芝優人の東山高校3年生対決となった。

佐藤匠海(東山)
写真:佐藤匠海(東山)/撮影:ラリーズ編集部

お互い手の内を知り尽くした東山高校対決は、ゲームカウント3-1で制した第1シードの星と、フルゲームデュースを勝ち切った富澤が決勝に駒を進めた。

富澤俊
写真:富澤俊(東山)/撮影:ラリーズ編集部

これからの東山高校を担う2年生エースの星と3年生として最後の大会に臨む富澤の、意地のぶつかり合いとなった決勝戦はゲームカウント3-1で星に軍配があがった。

写真:星優真(東山)/撮影:ラリーズ編集部
写真:優勝を決めた星優真(東山)/撮影:ラリーズ編集部

「久々の決勝戦で緊張した。相手に攻められても焦らずしっかり対応できた。準決勝と決勝は1ゲームを取られたので苦しかった」と今大会を振り返ったが、名門校・東山高校の2年生エースとして堂々たるプレーを見せた。

張本智和と同級生の星がV

3歳のとき卓球を始めた星は、地元宮城県の仙台ジュニアクラブで小学6年生まで同級生の張本智和(木下グループ)とともに腕を磨いた。中学1年生から張本は東京のエリートアカデミーに移った一方で、星は高校1年生から「上を目指して」と京都・東山高校に進んだ。

星優真
写真:星優真(東山)/撮影:ラリーズ編集部

東京五輪代表に内定している張本については「高校になってからは試合で当たるくらいしかないので、自分も上を目指して全日本などで戦えたらいいなと思います」とコメント。最後に星は「全国大会で団体戦でも個人戦でもメダルをとれるように頑張りたいです」と今後の目標を力強く口にした。

男子シングルス結果

準決勝

芝優人
写真:芝優人(東山)/撮影:ラリーズ編集部

〇星優真(東山)3-1 佐藤匠海(東山)
〇富澤俊(東山)3-2 芝優人(東山)

決勝

〇星優真(東山) 3-1 富澤俊(東山)

取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

関連記事(外部サイト)