“世界最強”軍団が準決勝勝利 決勝は“仮想日本”と<東京五輪模擬大会・男子団体>

写真:馬龍(マロン・中国)/提供:ittfworld

<卓球・東京五輪模擬大会(中国)8月8日〜21日>

中国で開催されている東京五輪模擬大会では19日、男子団体戦の準決勝2試合、女子団体の準決勝の1試合が行われた。男子のエースチームである一団(馬龍、許マ、樊振東)が勝利し、決勝に駒を進めた。

男子エースチームが決勝進出

中国で行われている東京五輪模擬大会、残すところは団体戦のみ。これまで混合ダブルスでは許マ(シュシン)/孫穎莎(スンイーシャ)ペア、女子シングルスでは孫穎莎、男子シングルスでは梁靖崑(リャンジンクン)が金メダルを獲得している。

19日の男子団体戦準決勝には、樊振東(ファンジェンドン)、許マ(シュシン)、馬龍(マロン)の世界ランキング1〜3位を擁する男子一団が登場し、四団を寄せ付けず3-0のストレート勝ちを収めた。

樊振東
写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/提供:ittfworld

男子シングルスで許マ(シュシン)を下し、4位に入った徐晨皓(シューチェンハオ・同101位)が四団に所属していたが、樊振東(ファンジェンドン・同1位)がゲームカウント3-1で退けた。

3番シングルスに登場した馬龍は、怪我のため男子シングルスを棄権していた。しかし、その不安を微塵も感じさせないプレーで趙子豪(ジャオズーホウ)をわずか18分で下し、チームを決勝に導いた。

林高遠(リンガオユエン・中国)
写真:林高遠(リンガオユエン・中国)/提供:ittfworld

決勝戦では、林高遠(リンガオユエン・同5位)、梁靖崑(リャンジンクン・同8位)、王楚欽(ワンチューキン・同12位)擁する二団と対戦する。

写真:許マ/提供:ittfworld
写真:許マ/提供:ittfworld

林高遠と王楚欽のサウスポー2人と右腕の梁靖崑という、東京五輪卓球日本代表の水谷隼(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)と同じ構成となる男子二団。“仮想日本”と“世界最強”の中国チームの対戦は大会最終日の21日に行われる。また、20日には女子団体の優勝チームが決定する。

男子準決勝結果

〇一団 3-0 四団

馬龍/許マ 3-1 周雨/趙子豪
樊振東 3-1 徐晨皓
馬龍 3-0 趙子豪

〇二団 3-1 九団

女子準決勝結果

〇二団 3-0 七団

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)