【今週の卓球】男女各選手がTリーグドリームマッチに意気込み

写真:オンライン記者会見に臨む石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

9月6日週にあった主な卓球トピックを紹介する。

Tリーグオールスタードリームマッチ

卓球Tリーグは10日、オンライン記者会見を開催し、14日に行われる「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」出場選手たちがコメントを発表した。

ドリームマッチは、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜、第2部の日本代表男子 vs 日本代表女子の2部構成で行われる。第1部は、男子シングルス5試合(Tリーグ代表1名が2回出場)、女子シングルス4試合(日本代表1名が2回出場)の計9試合が11本先取の1ゲームマッチ(デュース無し)で実施される。

写真:森薗政崇(写真左)、水谷隼/撮影:ラリーズ編集部
写真:森薗政崇(写真左)、水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼(木下グループ)は、「非常に試合が恋しく感じています。自分の状態も非常に良いので、皆さんに素晴らしいプレーを見せられるんじゃないかと思っています。1ゲームマッチは約時間にして4,5分だと思うので、少しでも長くプレーできたら」とファンへコメントを送った。

また、日本代表選抜の石川佳純(全農)は「半年間試合がない中で、やっとドリームマッチとして試合が始められる。卓球界にとって新しい一歩になればいいですし、私自身もとても楽しみにしているので、選手も卓球ファンも楽しめたらいいなと思います」とコメントを残した。

松下浩二氏、VICTAS社長に復帰

卓球総合メーカーの株式会社VICTASは、Tリーグ前チェアマンの松下浩二氏が2020年10月1日付けで代表取締役社長に就任することを発表した。現・代表取締役社長の兒玉義則氏は、同日付で代表取締役会長に就任する。

写真:松下浩二チェアマン/撮影:ラリーズ編集部
写真:松下浩二チェアマン/撮影:ラリーズ編集部

松下氏は、「今回社長に復帰することになり身が引き締まる思いでおります。卓球事業を通じて日本社会に貢献ができる企業を目指し、日本社会を明るく元気にしていけるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)