【速報】強化された張本のバックで日本代表選抜先制<オールスタードリームマッチ>

写真:張本智和(木下マイスター東京/木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日>

14日、「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が開幕し、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜が行われた。

第1部は、男子シングルス5試合(1名が2回出場)、女子シングルス4試合(日本代表1名が2回出場)の計9試合が11本先取の1ゲームマッチ(デュース無し)で実施される。

張本が鋭いバックハンドで先制

第1試合は日本人として世界ランク最高位をほこる張本智和(木下マイスター東京/木下グループ)とTリーグ昨シーズンMVPの神巧也(T.T彩たま)の対戦に。

神がサーブからの3球目攻撃で2本連取するが、張本が得意のバックハンドでやり返す展開から試合はスタート。ここからバックハンドで得点を重ねた張本が7-2と大きくリードを広げた。

写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部
写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

このまま流れは変わらず、最後も張本の鋭いバックハンドがストレートに決まり、まずは日本代表選抜が1ゲームを先制した。

「できるだけラリーをつなげようとした」という張本であったが、自粛期間に鍛えたというバックハンドで抜き去るシーンが視聴者には印象的な試合になった。

試合のスコア

日本代表選抜 1-0 Tリーグ選抜

〇張本智和(木下マイスター東京/木下グループ) 11-4 神巧也(T.T彩たま)
早田ひな(日本生命レッドエルフ/日本生命) vs 木原美悠(木下アビエル神奈川)
宇田幸矢(琉球アスティーダ/明治大学) vs 田添響(岡山リベッツ)
長ア美柚(木下アビエル神奈川/JOCエリートアカデミー) vs 出澤杏佳(トップおとめピンポンズ名古屋)
丹羽孝希(岡山リベッツ/スヴェンソン) vs 及川瑞基(木下マイスター東京)
石川佳純(全農) vs 森さくら(日本生命レッドエルフ)
張本智和(木下マイスター東京/木下グループ) vs 戸上隼輔(琉球アスティーダ)
早田ひな(日本生命レッドエルフ/日本生命) vs 加藤美優(日本ペイントマレッツ)
森薗政崇(岡山リベッツ/BOBSON) vs 及川瑞基(木下マイスター東京)

文:ラリーズ編集部

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)