【速報】丹羽、貫禄のロングサーブ披露 チームに貢献<オールスタードリームマッチ>

写真:丹羽孝希(スヴェンソン/岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日>

14日、「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が開幕し、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ選抜が行われた。

第1部は、男子シングルス5試合(1名が2回出場)、女子シングルス4試合(日本代表1名が2回出場)の計9試合が11本先取の1ゲームマッチ(デュース無し)で実施される。

最後は強気のロングサーブ

Tリーグ選抜がゲームカウント3-1でリードして迎える第5試合、日本代表選抜・丹羽孝希(岡山リベッツ/スヴェンソン)とTリーグ選抜・及川瑞基(木下マイスター東京)がぶつかった。

及川瑞基
写真:及川瑞基(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

今年の全日本選手権でも及川を下していた丹羽が日本代表らしい貫禄のプレーで序盤から得点を重ねていく。しかし、足が動き始めた及川が得意のフォアハンドを活かしたプレーで徐々に追い上げ、6-6、7-7と粘りを見せる。

最終的に10-10の1本勝負にもつれこんだが、最後は丹羽の思い切ったストレートへの下回転ロングサーブがサービスエースとなり、勝負あり。日本代表選抜がゲームカウント2-3とTリーグ選抜の背中に迫った。

試合のスコア

日本代表選抜 2-3 Tリーグ選抜

〇張本智和(木下マイスター東京/木下グループ) 11-4 神巧也(T.T彩たま)
早田ひな(日本生命レッドエルフ/日本生命) 10-11 〇木原美悠(木下アビエル神奈川)
宇田幸矢(琉球アスティーダ/明治大学) 4-11 〇田添響(岡山リベッツ)
長ア美柚(木下アビエル神奈川/JOCエリートアカデミー) 4-11 〇出澤杏佳(トップおとめピンポンズ名古屋)
〇丹羽孝希(岡山リベッツ/スヴェンソン) 11-10 及川瑞基(木下マイスター東京)
石川佳純(全農) vs 森さくら(日本生命レッドエルフ)
張本智和(木下マイスター東京/木下グループ) vs 戸上隼輔(琉球アスティーダ)
早田ひな(日本生命レッドエルフ/日本生命) vs 加藤美優(日本ペイントマレッツ)
森薗政崇(岡山リベッツ/BOBSON) vs 及川瑞基(木下マイスター東京)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)