“守護神”松山祐季「もう気持ちです」 大学vs実業団の注目カードは引き分けに

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日〜11月15日 熊本県立総合体育館>

14日、後期日本卓球リーグ熊本大会は4日目を迎え、男子1部では第5試合が行われた。愛知工業大学と協和キリンの注目の対戦は、ラストで松山祐季(愛知工業大学)が勝利し、マッチカウント2-2で引き分けに終わった。

守護神・松山祐季、チームを救う

昨年のJTTLファイナル4準決勝で愛工大と協和キリンは対戦しており、その際は愛工大がマッチカウント3-2で勝利。そのまま愛工大はファイナル4初優勝を飾った。

平野友樹
写真:2番シングルスで木造勇人を下した平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

今回の試合では、先に4番シングルスが終わり、愛工大はマッチカウント1-2と後がなくなる。引き分けか負けか、勝負の行方は3番シングルスの松山祐季(愛工大)に託された。

写真:松山祐季(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松山祐季(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

14日に行われた2試合は、ともに4番シングルスで勝利をあげ、チームを救う“守護神”としての活躍を見せる松山。今回も渡辺裕介(協和キリン)との壮絶なラリー戦を制し、試合を引き分けに持ち込んだ。

試合後、「粘り勝ちです。戦術を考えるとかではなくひたすら粘った。社会人の選手はミスが少ないのでそれよりミスを少なく。もう気持ちです」と安堵の表情を浮かべた。

今大会5戦5勝でチームを支えている松山は「体の動きや調子はめっちゃいい。あと2試合、全勝します」と笑顔でコメントを残した。

男子1部 5試合目

〇東京アート 3-1 リコー

郡山北斗
写真:吉田海偉に一歩及ばなかった郡山北斗(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

〇吉村和弘 3-0 宮本幸典
坪井勇磨 0-3 〇有延大夢
〇高木和卓 3-1 鹿屋良平
〇吉田海偉 3-2 郡山北斗

〇日鉄物流ブレイザーズ 4-0 原田鋼業

下山優樹
写真:下山優樹(原田鋼業)/撮影:ラリーズ編集部

〇松下海輝 3-1 下山優樹
〇田添健汰 3-1 横山輝
〇藤村友也 3-0 神京夏
〇定松祐輔 3-2 松浦佑紀

〇シチズン時計 4-0 日野自動車キングフィッシャーズ

上村慶哉
写真:上村慶哉(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

〇御内健太郎 3-0 皆川朝
〇笠原弘光 3-0 田中博巳
〇上村慶哉 3-1 船本将志
〇酒井明日翔 3-1 平野晃生

愛知工業大学 2-2 協和キリン

田中佑汰
写真:田中佑汰(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

〇田中佑汰 3-1 硴塚将人
木造勇人 1-3 〇平野友樹
〇松山祐季 3-2 渡辺裕介
見真己 1-3 〇松平賢二

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)