宋恵佳「毎試合緊張で吐きそう」でも全勝 中国電力、首位攻防戦に勝利

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日〜11月15日 熊本県立総合体育館>

15日、後期日本卓球リーグ熊本大会は最終日を迎え、女子1部では第6試合が行われた。ともに4勝をあげている中国電力とデンソーの首位攻防戦が行われ、昨季の後期日本リーグ1位の中国電力がマッチカウント3-1で勝利を収めた。

和田コーチ「宋恵佳がポイント」

土`田美佳
写真:土`田美佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

中国電力とデンソーの4勝同士の対決は、1番から3番で勝利した中国電力に軍配が上がった。1番の宋恵佳(そうえか)と3番の成本綾海(なるもとあやみ)は今大会6戦全勝、2番の土`田美佳(つちだみか)は5勝1敗と好調だ。

成本綾海
写真:成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

中国電力卓球部の和田圭輔コーチは「宋と土`田が勢いある勝利を持ってきてくれたので、成本も落ち着いて攻めることができたし、庄司は負けてしまったが次に繋がる試合だったと思います」とデンソー戦を総括した。

和田圭輔
写真:中国電力の和田圭輔コーチ/撮影:ラリーズ編集部

最終戦となる昭和電工マテリアルズに向けて「最後までやり抜くことを選手に伝えて頑張りたい」と意気込みを語った。

宋恵佳、6戦全勝も「ずっと吐きそう」

和田コーチは1番・宋の勝利をデンソー戦のポイントとしてあげた。「宋のメンタルがタフになってきた。今大会は特に精神的に充実している。もともと技術がある選手なので、そこが大きなポイントかなと思います」。

宋恵佳
写真:宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

宋本人は「久しぶりの試合なので毎試合毎試合緊張がすごくてずっと吐きそうです(笑)。でも、ガチガチにはならず練習通りできている」と笑顔で振り返った。

宋恵佳
写真:宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

「いつもだと勝ちにこだわるんですけど、今回は引き分けがある。なので、1点でも1ゲームでも多く取れば勝たなくても貢献できると思ってやっている。十六銀行戦のコ永さんとの試合も0-2の2-6から、さすがに0-3負けはヤバいと思って、1ゲームでも多くとらないと、と思ったら逆転勝ちできた」とメンタルが安定している要因を口にした。

「今まで良い流れできているので、チームみんなで最後まで全力でできたらいいなと思います」と最終戦への決意を述べた。

宋恵佳
写真:宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

女子1部 6試合目

〇中国電力 3?1 デンソー

阿部愛莉
写真:阿部愛莉(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部

〇宋恵佳 3-0 馬克
〇土`田美佳 3-2 森田彩音
〇成本綾海 3-0 野村萌
庄司有貴 1-3 〇阿部愛莉

〇十六銀行 4?0 愛媛銀行

山本怜
写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

〇加藤知秋 3-1 吉田優海
〇安藤みなみ 3-0 山地理穂
〇山本怜 3-2 前瀧初音
〇コ永美子 3-0 池上玲子

エクセディ 2?2 広島日野自動車

出雲美空
写真:出雲美空(エクセディ)/撮影:ラリーズ編集部

玉石美幸 1-3 〇三輪咲里南
〇出雲美空 3-0 伊丹風薫
〇浅井一恵 3-0 高橋美帆
竹前裕美子 1-3 〇切石沙織

昭和電工マテリアルズ 1?3 〇サンリツ

田口瑛美子
写真:田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

平真由香 1-3 〇平侑里香
牛嶋星羅 1-3 〇永尾尭子
〇鈴木李茄 3-0 三村優果
田口瑛美子 2-3 〇松平志穂

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)