【速報・Tリーグ】KM東京・及川、Tリーグデビュー戦白星 全日本王者下す

<ノジマTリーグ2020-2021シーズン 11月17日(火)>

卓球・ノジマTリーグサードシーズン開幕戦、前半戦でマッチカウント2-0とリードした木下マイスター東京(以下、KM東京)。第3マッチはKM東京の及川瑞基が、琉球アスティーダ(以下、琉球)の宇田幸矢をゲームカウント3-0で下し、この結果KM東京の勝利が決まった。

全日本単複王者の対戦

KM東京の及川は、2020年全日本卓球選手権ダブルス優勝、琉球の宇田は、同じく2020年全日本シングルス優勝と、第3マッチは単複の全日本王者対決となった。

宇田幸矢
写真:宇田幸矢(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

あとがない琉球は、若きサウスポー宇田の勢いに期待したいところだったが、宇田はいきなり6連続失点と波に乗れない。宇田は第1ゲームを9-11で落とすと第2ゲームも7-11で後がなくなる。

及川瑞基
写真:及川瑞基(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

昨年までドイツ・ブンデスリーガで腕を磨いた及川は、ミスのない安定したプレーを重ね、第3ゲームも奪取。Tリーグデビュー戦を白星で飾った。この結果、KM東京の勝利が決まった。

続く第4マッチは大島祐哉(KM東京)と吉村真晴(琉球)が対戦する。

木下マイスター東京 3-0 琉球アスティーダ

〇田添健汰/及川瑞基 2-0 戸上隼輔/宇田幸矢
11-9/11-4

〇水谷隼 3-0 平野友樹
11-8/11-9/11-10

〇及川瑞基 3-0 宇田幸矢
11-9/11-7/11-7

大島祐哉 ? 吉村真晴

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)