小6・張本美和、シングルスでTリーグデビュー 身長162pと伸び「いろんなボールに対応できる」

小学6年生・張本美和、シングルスでTリーグデビュー 兄は卓球日本代表の張本智和

記事まとめ

  • 卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズンは19日、開幕第3戦が行われた
  • 第3マッチに12歳の小学6年生、張本美和(KA神奈川)が登場、0-3で敗れた
  • 卓球日本代表の張本智和の妹である張本美和は将来の五輪金メダル獲得を期待される

小6・張本美和、シングルスでTリーグデビュー 身長162pと伸び「いろんなボールに対応できる」

<ノジマTリーグ2020-2021シーズン 11月19日(木)>

卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズンは19日、開幕第3戦が行われた。木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)は開幕戦で勝利した日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)にマッチカウント1-3で下し、リベンジを許した。

第3マッチに12歳の小学6年生、張本美和(KA神奈川)が登場し、昨季の最多勝&MVPの森さくら(日本生命)との試合に臨み、ゲームカウント0-3で敗れた。試合後、今季のデビュー戦を張本はオンライン会見で振り返った。

張本智和の妹・美和がTリーグサードシーズンデビュー

卓球日本代表の張本智和(木下グループ)の妹である張本美和は、すでにシニアのカテゴリーでも試合をこなしており、全日本でも勝利を収めている。将来の五輪金メダル獲得を期待される新星だ。

張本美和
写真:張本美和(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

すでにダブルスではファーストシーズンの19年2月2日にデビューしていたが、シングルスでは初出場となった。

張本は「お米が好きなので、体重をコントロールしながらもお米を食べて、早く寝るようにして牛乳は毎朝飲んでます」と身長は162cmと大きく伸び、プレー面にも変化があったと語る。「鋭いコースに来ても、足が長くなったのでいろんなボールに対応できる」。

昨季の最多勝である森を相手に敗れはしたものの張本は「やる前もやるときも緊張していた。でもバックの上回転ラリーやフォア連打、ツッツキを自分の回転をしっかりかけて相手に送れた。自分の技術は全部出せたからよかった」と振り返った。

張本美和
写真:張本美和(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

対戦相手の森も「小6の中ではめちゃくちゃ強いと思います」と称賛すれば、劉燕軍監督も「去年も見ていたが今年は全然違う。背も伸びて、(ボールの)スピードは相変わらず速いし、レシーブもよくなってきた。次も期待できる」と目を細める。

12歳の新星がTリーグをどのように盛り上げてくれるのか。張本美和の今後の活躍から目が離せない。

木下アビエル神奈川 1-3 日本生命レッドエルフ

長ア美柚/木村香純 0-2 ◯前田美優/赤江夏星
9-11/2-11

木原美優 0-3 ◯早田ひな
7-11/6-11/4-11

張本 美和 0-3 ◯森さくら
5-11/10-11/6-11

◯木村 香純 3-1 ユ モンユ
11-7/9-11/11-7/11-9

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)