女子カット最強の佐藤瞳、WR5位の王に初戦敗退<卓球ITTFファイナル>

<ITTFファイナル 11月19日〜22日 中国・鄭州>
19日、国際卓球連盟(ITTF)主催大会の年間王者を決めるITTFファイナル女子シングルス1回戦で、佐藤瞳(ミキハウス・世界ランキング17位)が王曼c(ワンマンユ・同5位、中国)にゲームカウント0-4で敗れた。

カットマンの佐藤は、王に対し第1ゲームを先取されるも、第2ゲーム序盤は粘り強い守備でミスを誘い、4-0、10-9とリードする。ところがそこからデュースに追いつかれ14-16でこのゲームを落とすと王が波に乗る。王の長いリーチから繰り出される両ハンドドライブはミスが少なく、佐藤が時折見せるロングサーブや攻撃も王のブロックに跳ね返されてしまう。

佐藤は第2ゲーム以外は主導権を握れず、悔しいストレート負けとなった。

カットマンでは世界ランク最高位の佐藤瞳

佐藤は女子カットマンの中では世界ランキング最高位に位置する。昨年はリオ五輪金メダリストの丁寧(中国・世界ランキング)に2回勝利。中国選手にも恐れられる存在だが、今回対戦した王曼cには昨年4月の世界選手権でも敗れるなどまだ勝ち星が無く、相性が悪い相手だ。

8強入りを決めた王は、20日に行われる準々決勝でディアス(プエルトルコ)と鄭怡静(中国台北)の勝者と対戦する。

ITTFファイナル 女子1回戦のスコア

写真:王曼c(中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:王曼c(中国)/撮影:ラリーズ編集部
佐藤瞳 0-4 ○王曼c(中国)
6-11/14-16/5-11/9-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)