早稲田のカットマン黒野、無欲のV フルゲーム4試合も我慢の勝利<卓球・全日学選抜>

<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>

11月29日、全日本学生選抜強化大会が最終日を迎え、女子シングルスで黒野葵衣(早稲田大)が優勝を果たした。

関東勢以外も意地見せる

大会2日目の29日は、予選リーグを終え、各リーグの1位である32人が決勝トーナメントに臨んだ。

萱嶋沙希(立命館大)
写真:萱嶋沙希(立命館大)/撮影:ラリーズ編集部

萱嶋沙希(立命館大)がTリーグでプレーする梅村優香(中央大)を予選で破るなど、1人だった男子とは対照的に関西から9人が決勝トーナメントに進出した。枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)は、宮ア翔(青山学院大)、青木千佳(中央大)と関東勢を連破し、ベスト8入りを果たしている。

写真:枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部

また、金城大の渡会彩江は、北信越勢で唯一の決勝トーナメント進出と存在感を放った。

渡会 彩江
写真:渡会彩江(金城大)/撮影:ラリーズ編集部

黒野葵衣(早稲田大)が無欲のV

ベスト4は、Tリーグで大ブレイク中の木村香純(専修大)、カットマンの黒野葵衣(早稲田大)、サウスポーの上田真実(愛知工業大)、2019年全日学ダブルス優勝の三條裕紀(青山学院大)という顔ぶれとなった。

三條裕紀
写真:三條裕紀(青山学院大)/撮影:ラリーズ編集部

先に決勝進出を決めたのは、愛工大の上田だ。上田は準々決勝でTリーガー山本笙子(中央大)を下しており、準決勝でもその勢いは健在。左腕から繰り出されるわかりづらいサービスと、台から離れても巻き返せるフォアハンドを武器に、三條にストレートで勝利した。

上田真実
写真:上田真実(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

準決勝もう1試合は、Tリーグでニューヒロインとなった木村が先に2-1リードを奪うが、あと1点が遠く黒野が逆転勝ち。黒野は8決定でも村田咲紀(関西学院大)を相手に、先に2ゲームを奪われるも逆転しており、我慢の連続での決勝進出となった。

木村香純(専修大)
写真:木村香純(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

決勝では、黒野が先に2ゲームを連取するも上田が追いつき、試合はまたもやフルゲームに。最後は、本日4試合目のフルゲームを無尽蔵の体力で動き切った黒野に軍配が上がった。

黒野は試合後、「優勝できるとは思っていなかった。まずは予選リーグを抜けるところが目標だった。まさかここまで来れるとは。(準決勝の)木村さんには勝ったことがなかったので、逆に思い切ってできたのが良かった」と笑顔で振り返った。

女子シングルス結果

準決勝

木村香純(専修大) 2-3 〇黒野葵衣(早稲田大)
11-8/8-11/11-9/9-11/7-11

〇上田真実(愛知工業大) 3-0 三條裕紀(青山学院大)
11-9/16-14/11-8

決勝

〇黒野葵衣 3-2 上田真実
11-5/11-7/8-11/13-15/11-7

女子シングルス最終順位

写真:上田真実(写真左・愛工大)、黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:上田真実(写真左・愛工大)、黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

優勝:黒野葵衣(早稲田大)
準優勝:上田真実(愛知工業大)
ベスト4:木村香純(専修大)、三條裕紀(青山学院大)
ベスト8:松本静香(愛知工業大)、枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)、笹尾明日香(早稲田大)、山本笙子(中央大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)