木原美悠、リーグトップの5勝目「なるべく多く勝ちたい」木下アビエル神奈川がストレート勝利

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月4日(金)>

4日、Tリーグサードシーズン女子の試合が行われ、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)が日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)をマッチカウント4-0で下した。

KA神奈川が今シーズン初となるストレート勝利で、貴重な勝ち点4を獲得した。

木原、ダブルス・シングルスで勝利

KA神奈川の劉燕軍監督が「木原(美悠)と長ア(美柚)を、それぞれシングルスでも出したかった」と狙いを語った、木原と浜本由惟のペアリングとなった第1試合のダブルス。
浜本とペアを組んだのは2回目だという木原は「左(利き)と組むことが多かったので、右右は最初少しやりにくい部分もあったけど、勝ててよかった」と笑顔で振り返った。

浜本由惟(写真右)・木原美悠ペア(写真左、いずれも木下アビエル神奈川)
写真:浜本由惟(写真右)・木原美悠ペア(写真左、いずれも木下アビエル神奈川)/提供:?T.LEAGUE

また、4試合目のサウェータブット・スターシニー(ニッペM)戦では、ゲームカウント0-2の劣勢から3ゲームを連取し、勝利を収めた。
「最初、自分が少し焦っていたので、0-2から気持ちを切り替えて、0-0のつもりで挑んだ」と、3ゲーム目からはミスの少ないラリーでコースを丁寧につく戦術が功を奏した。

これでリーグトップのシングルス5勝目を飾った木原は、「試合のない約8ヶ月間、サーブレシーブやフォアの攻撃を練習してきたことが試合に出ている」と手応えを感じている。

写真:木原美悠(木下アビエル神奈川)
写真:木原美悠(木下アビエル神奈川)/提供:?T.LEAGUE

石川は前日殊勲の永尾を下す

第2試合に登場した石川佳純(KA神奈川)は、永尾尭子(ニッペM)と対戦し、ゲームカウント3-1で勝利した。永尾は昨日の日本生命レッドエルフ戦で陳思羽(チェンズーユ)に勝利したその勢いで石川に挑んだが、ピッチと経験で勝る石川がラリー戦を制する結果となった。

写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)
写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/提供:?T.LEAGUE

木下アビエル神奈川の次戦は、12月10日同じく日本ペイントマレッツとの対戦となる。

◯木下アビエル神奈川 4-0 日本ペイントマレッツ

◯浜本由惟/木原美悠 2-0 相馬夢乃/小塩遥菜
11-9/11-10

◯石川佳純 3-1 永尾尭子
11-5/8-11/11-7/11-9

◯木原美悠 3-2 サウェータブット・スターシニー
6-11/6-11/11-8/11-2/11-7

◯長ア美柚 3-0 小塩遥菜
11-6/11-10/11-6

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)

×