ブラジル勢躍動 ツボイは2点取りでチーム救う<卓球・ブンデスリーガ>

<ドイツブンデスリーガ第4節&第10節 12月6日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第4節と第10節が開催され、グスターボ・ツボイ(ブラジル)擁するバート・ホンブルクがグレンツァオに3-2で勝利して、今シーズン初勝利を挙げた。

グスターボ・ツボイが2点取り

新型コロナウイルスの影響で延期されていた、第4節バート・ホンブルクvsグレンツァオの一戦。今シーズン未勝利チーム同士の対決ということもあり、いつも以上に気合の入った試合となった。

グスターボ・ツボイ
写真:グスターボ・ツボイ/提供:ittfworld

そんな中この試合では、先日のWTTマカオで趙子豪(ジャオズーホウ・中国)に勝利したグスターボ・ツボイの活躍が光った。

トップでクリスチャン・プレテア(ルーマニア)に3-2で勝利すると、フォースシングルスでも再び3-2で勝利してラストのダブルスに繋ぐなど、エース級の活躍を見せた。チームもそんなツボイの活躍で流れに乗ってラストのダブルスを制し、マッチカウント3-2で今シーズン初勝利を挙げた。

オクセンハウゼンが今季5勝目

ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)、シモン・ゴジ(フランス)が所属するオクセンハウゼンは、リーグ2位のベルグノイシュタッドと対戦した。

ウーゴ・カルデラノ
写真:ウーゴ・カルデラノ/提供:ittfworld

オクセンハウゼンは、トップのゴジとセカンドのカナック・ジャー(アメリカ)がそれぞれ勝利し、サードシングルスにはカルデラノが出場。勝てばチームの勝利が決まるという緊張の中、カルデラノは持ち味のフィジカルを活かしたプレーを随所に見せ、1ゲームを取られたものの3-1でしっかりと勝ち切った。これにより、オクセンハウゼンは今シーズン5勝目を挙げ、順位も4位に浮上した。

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第4節 結果

〇バート・ホンブルク 3-2 グレンツァオ

〇グスターボ・ツボイ 3-2 クリスチャン・プレテア
Rares Sipos(ルーマニア)1-3 Ioannis Sgouropoulos(ギリシャ)〇
Lev Katsman(ロシア)2-3 アレクサンダー・カラカセビッチ(セルビア)〇
〇グスターボ・ツボイ 3-2 Ioannis Sgouropoulos
〇Lev Katsman/Maksim Grebnev(ロシア)3-0 クリスチャン・プレテア/アレクサンダー・カラカセビッチ

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第10節 結果

〇オクセンハウゼン 3-0 ベルグノイシュタッド

〇シモン・ゴジ 3-0 アルバーロ・ロブレス(スペイン)
〇カナック・ジャー 3-0 ベネディクト・デューダ(ドイツ)
〇ウーゴ・カルデラノ 3-1 Alberto Mi?o(エクアドル)

〇ザールブリュッケン 3-2 ブレーメン

〇尚坤(シャンクン・中国)3-0 キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)1-3 マティアス・ファルク(スウェーデン)〇
〇ダルコ・ヨルジッチ(クロアチア)3-0 マルセロ・アギーレ(パラグアイ)
尚坤 1-3 マティアス・ファルク〇
〇パトリック・フランチスカ/トーマス・ポランスキー(チェコ)3-0 マルセロ・アギーレ/Hunor Sz?cs(ルーマニア)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)