上田仁は辛勝に「楽しもうと思っていたが」男子Tリーガーたちが初戦突破

<天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日〜17日>

Tリーガーたちの全日本の試合も始まっている。1回戦から登場した男子Tリーガーは3人。
T.T彩たまから松平健太(ファースト)、英田理志(愛媛県競対)、そして岡山リベッツから上田仁(岡山リベッツ)が登場し、それぞれ順当に2回戦に駒を進めた。

松平健太
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

松平健太「1回戦からは正直びっくり」

松平は1回戦で吉田朋弥(魚沼福祉会)と対戦した。一回戦から松平健太が登場するという、画面の向こうで楽しむファンには嬉しい今年の全日本。
「1回戦からという組み合わせは正直びっくりしたが、試合が多くできるとポジティブに考えて試合に臨んだ」という松平。「初日の入りは今までで一番良くて、サーブレシーブも今までで一番だった」と状態の良さを語る。

松平健太
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

「この一年ほどは、練習を午前中2時間だけやっている」という松平は「常に体の状態が良く、結果的に自分に合っている」と現在の練習方法に手応えを感じている。

コロナウイルス感染時の状況については「練習は2週間ちょっとやっていなかった。身体の状態としては、1日だけ熱と倦怠感が出て、病院に行って、検査を自分からお願いしたら陽性と出た。それ以降はずっと平熱で幸い軽症だった」と説明した。

「常に挑戦者の気持ちで、最終的に優勝できればと思っています」と前を向いた。

松平健太
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

英田理志「今までの全日本の中で一番落ち着いてプレーできた」

T.T彩たまで活躍する英田理志も、1回戦は内田拓光(大正大)と対戦、3-0で勝利して順当に2回戦の駒を進めた。

スウェーデンリーグから“逆輸入”の形で今季からT.T彩たまに加入した英田理志。
「今までの全日本の中で一番落ち着いてプレーできた」と初戦の入りを振り返る。

英田理志
写真:英田理志(愛媛県競対)/撮影:ラリーズ編集部

「たくさんのスタッフの方々のおかげで無事大会が開催され、この舞台でプレーできることに感謝しています」と、大会開催に尽力した関係者に感謝を述べた。

上田仁「楽しもうと思っていたが」

“中学校3年生以来”の1回戦からの試合に臨んだ上田仁。萩原啓至(愛工大名電中)との対戦を3-2で勝利し「勝ててよかった」と振り返りつつ「久しぶりで楽しもうと自分の中の目標を持って臨んだんですけど、内容はいっぱいいっぱいで楽しめなかった」と、明日以降の修正を図る。

会場の寒さ対策には「試合前に手袋をしてあっためていたが、緊張もあって、頭と体が上手くマッチしていなかった。気持ちと身体だけが先走って、非常に苦しい内容でした」と、明日以降、会場の寒さも頭に入れる必要を感じていた。

上田仁
写真:上田仁(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

また、コロナ禍での大会開催については「難しい判断だと思うんですが、開催された以上、卓球が完全に仕事である自分は出るということが自分の職務であると思います。企業や選手がでないという判断も素晴らしいと思いますし、出た選手がどうかというのも違う。本当に答えがないことです」と出場する選手としての思いを明かした。

「成功するには感染者を出さないように選手が努力することが大事」と、今大会に臨むプロ選手としての自覚を新たにした。

上田仁
写真:勝利後、ベンチコーチの白神監督(岡山リベッツ、写真左)と肘タッチをする上田仁/撮影:ラリーズ編集部

試合結果

◯上田仁(岡山リベッツ) 3-2 萩原啓至(愛工大名電中)

◯松平健太(ファースト) 3-0 吉田朋弥(魚沼福祉会)

◯英田理志(愛媛県競対)3-0 内田拓光(大正大)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)