神戸大OB山崎貴幸、卓球人生変えた念願の全日本初出場「まだ、選手として続けたい」

<天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日〜17日>

全日本卓球選手権大会3日目、一般男子シングルス1回戦には、初出場の選手から元日本代表まで様々な選手が登場した。神戸大学OBの山崎貴幸(やまざきたかゆき・緑の館 奈良)も全日本初出場選手の1人だ。1回戦で山崎響己(東北学院高)と対戦し、ゲームカウント1-3で惜しくも敗れた。

初出場は「言葉では表せない感慨深さ」

神戸大学卓球部では主将を務め、関西学生リーグ2部でもプレーしていた山崎。「全日本でプレーすることが大学時代からの夢だったので、とても言葉では表せない感慨深さがあります」と初の全日本を振り返った。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:安定した裏面を見せた山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

プレースタイルは「ペン表ですが、ペン表らしくないと言われます」と自ら言うように、前陣速攻というよりも、裏面での緩いバックやミスのないラリーで、相手を崩していくスタイル。この試合も要所でフォアスマッシュこそ見せるも、ミスを誘うプレーで1ゲーム目を先取。4ゲーム目も10-6とゲームポイントを握ったが逆転を許し、ゲームカウント1-3で敗れた。

山崎貴幸
写真:試合後はしばらくベンチで座り込んだ/撮影:ラリーズ編集部

「内容的にもフルゲームにいけば、なんとかできると思っていた。4ゲーム目逆転を許してしまったのが悔やまれます。相手の山崎くんが、ペン表対策なのか最初からサーブを長くしてきたのが相当嫌でした」としっかりと試合を振り返り、反省点を述べた。

山崎響己(東北学院高)
写真:ペン表を攻略した山崎響己(東北学院高)/撮影:ラリーズ編集部

“悔しさ”をバネに

山崎は、大学を卒業して地元富山で就職した。富山でも全日本予選に挑戦したが、出場枠が2つのところ、決勝リーグの得失点差で3位になり落選。「確かあと2点多く点数を取れたら順位が変わっていたとか変わっていないとか…。その時は目標が目前で叶わなかった分、絶望していました」とあと一歩で全日本出場を逃してきた。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

関西に来てからは、練習量自体は週1、2回に減ったというが、フィジカルの強化や頭を使うことで、練習量の少なさを補ってきた。

「トレーニングを隙間時間に取り入れたり、大学時代、外部の方に身体操作を教わりに行っていたのを再開したりしました。また、少ない練習でも練習ごとに新しい気付きが生まれるよう、練習してない時間にどうしたら自分のプレーが良くなるかを以前よりも考えるようにしました」。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

そして、何よりの原動力となったのが“出場できなかった悔しさ”だ。「ちなみに去年の奈良県予選も4位で出られませんでした」と富山、奈良で山崎はあと一歩、全日本の舞台に手が届いていなかった。

「悔しさを忘れずに練習してきたことが、全日本予選での最後の粘りに繋がったのかなと思います。自分に考え方を教えてくださり、同じチームで最近話題になっている岩城禎さん、よく練習してくださった奈良の卓球人の方々、家族など理解ある周りの方々には本当に感謝しています」。

「まだ、選手として続けたい」

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

今回、念願の全日本出場を果たした山崎。「自分は全日本に出ておそらく満足するんだろうな」と試合前には一種の引退試合のような気持ちを抱いていた。

だが、試合後の感情は全く違った。負けたことに対して想像以上の悔しさを感じていた。

「まだ、選手として続けたいのかもしれない」。

全日本の舞台に立ち、自身の欲求に気づかされた。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
「まだ、選手として続けたい」

「全日本に出られたので本当は練習をゼロにしようと思っていた。でも、今回の敗戦が思ったよりも心に来ました。一旦は仕事が忙しくなりそうなのでそちらに専念しつつ、練習を週1〜2はコンスタントに続けていくつもりです。仕事が落ち着けば、また練習量は増やしていきます。そして全国大会で活躍することを目指して、もう少し卓球は続けます」。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

新卒で就職した会社を退職し、今はフリーランスとして映像制作業に携わっているという山崎は、今年から地元富山に戻るという。

「次からは北陸で頑張ります。全国大会でも良い結果を残せるくらいになれるのであれば、指導者の道も考えています。一度しかない競技人生をアマチュアなりに楽しみたいと思います」。

写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山崎貴幸(緑の館 奈良)/撮影:ラリーズ編集部

アマチュア、プロ関係なく様々なバックグラウンドを持つ選手が同じ場で戦う全日本。一人一人の卓球人生がそこにはある。

試合結果

山崎貴幸(緑の館 奈良)1-3 〇山崎響己(東北学院高)
11-8/5-11/9-11/10-12

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)

×