森薗「Tリーグ見て対策立てた」 英田を攻略し準決勝へ<全日本卓球>

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日〜17日>

全日本卓球選手権は大会6日目を迎えた。男子シングルス準々決勝で森薗政崇(BOBSON)が英田理志(愛媛県競対)を下し、準決勝進出を決めた。

森薗が英田の変則プレーを攻略

英田理志
写真:英田理志(愛媛県競対)/撮影:ラリーズ編集部

森薗が英田のサーブや攻撃に苦しみながらも、広角に打ち分けるドライブで1ゲーム目を奪う。英田は流れを変えたいところではあったが、なかなか思うように点が来ず、ゲームカウント0-3と追い詰められた。

なんとか第4ゲームは持ち味のカットも混ぜた変化プレーで取り返したが、これで英田の反撃も終了。森薗が5ゲーム目で決めきり、勝利の雄叫びをあげた。

森薗は準決勝では丹羽を下した田中佑汰(愛知工業大学)と対戦する。田中との対戦については「田中選手にはジャパンオープンで負けている。ガンガン攻めている印象なので勢いに負けないように押し返せるように頑張りたい」と意気込みを語った。

男子シングルス準々決勝

◯森薗政崇 4-1 英田理志
11-9/11-7/11-7/9-11/12-10

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)