劇的逆転Vの23歳及川瑞基「世界選手権や五輪に選ばれるように」目指すはパリ五輪

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日〜17日>

全日本卓球選手権は大会最終日、男子シングルス決勝で及川瑞基(木下グループ)が森薗政崇(BOBSON)にマッチポイントを握られながらも逆転し、自身初の全日本シングルスタイトルを獲得した。

及川は試合後、オンラインで優勝会見に臨み、今の心境を語った。

試合に関する及川瑞基のコメント

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

初優勝に関して

目標にしていた優勝が本当に実現すると思っていなかったので、びっくりしているんですけど、嬉しいです。嬉しいの一言です。

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:及川瑞基(木下グループ)/提供:各社

準決勝の吉田雅己戦

写真:及川瑞基(木下グループ)にアドバイスを送る邱建新監督/撮影:ラリーズ編集部
写真:及川瑞基(木下グループ)にアドバイスを送る邱建新監督/提供:各社

吉田選手には、Tリーグで2連勝していた。逆に勝っている分、難しさはあった。出足は良い入りだったが、相手も(戦術を)変えてきてやりづらかった。でも、すぐに修正できたのが勝因です。

決勝の森薗政崇戦

及川・森薗
写真:試合後、お互いをたたえ合う及川瑞基(写真奥・木下グループ)と森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

森薗選手は僕にとってはやりづらい選手。準決勝まで相手が右利きで最後左だったので、最初戸惑いがあり、やりづらさがあった。ゲームカウント1-3で負けていたが、決勝戦は最後までわからないし、チャンスがあると思っていたので、チャンスをものにできた。

今大会の勝ち上がりに関して

ベスト4に五輪代表が残っていなくて、4人全員にチャンスがあると思った。自分にもチャンスがあると思って、優勝を掴み取るんだという気持ちで臨んだ。

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

自分は小柄な選手なので、なるべく台から下がらないように意識していた。張本選手との準々決勝を勝ち切れたので、自信になりましたし、決勝でもいいプレーができた。

海外経験や今後の抱負

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:試合後、インタビューに答える及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

日本男子の層の厚さ

ここ最近、日本男子のレベルはとても上がっていて、若手からベテランまで層が厚い。自分もそろそろ若手からベテランの域に入る。

ブンデスリーガでの海外経験

7年間ドイツでプレーし、試合を行うことで対応力や経験を積めた。ひらめきなどの部分で海外の経験が良かった。

大学を卒業しプロになって

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

大学生のときは授業もありますし、卓球が仕事ではなく、本業は学生。卓球にのめり込む時間は少なかった。プロになってからは、卓球が仕事なので集中できているし、練習時間は多くなっていて、重みみたいなものは感じます。

準々決勝で戦った同じ木下グループの張本からのメッセージ

張本選手の方から「最終日も頑張って優勝して」という連絡をもらいました。

今後の目標

写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:優勝の瞬間、噛みしめるように拳を握った/撮影:ラリーズ編集部

(プレー面では)アグレッシブに攻められたのが良かったので、そこのバランスをもっと磨きあげて行きたい。

全日本で優勝できたので、世界選手権や五輪に選ばれるように頑張りたい。2024年のパリ五輪のメンバーに食い込んでいけるように頑張りたい。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)