日本は本気のアルゼンチンに0−1で完敗 やはりOA枠で必要な選手の名前は?

日本は本気のアルゼンチンに0−1で完敗 やはりOA枠で必要な選手の名前は?

久保建英(撮影・六川則夫)

■圧倒的な速さ


 フレンドリーマッチで来日した南米のチームは、ほとんどと言っていいくらい手を抜く。しかし今回、コロナ渦にもかかわらず来日したU−24アルゼンチン代表は本気で東京五輪の金メダルを狙っていることを感じさせた。

 ***

 U−24日本代表との試合でも、立ち上がりから本気モードで肉弾戦を厭わなかった。球際での競り合いだけでなく、後半はボールのないところで、キャプテンでCBのネウエン・ペレス(20)は田川亨介(22)や久保建英(19)を倒すなどして挑発してきた。

 彼らは彼らで、東京五輪への生き残りがかかっている。このため数少ない1試合1試合に、必死で臨んでいることがうかがえる。

 さて日本である。これまで長らく3−4−2−1と3BKがチームのベースだった。その後は4−4−2や4−2−3−1も併用したが、試合前日の会見で横内昭展監督(53)は、「3BK、4BKうんぬんより、選手がどう生きるか。いまクラブで光っている選手を選んでいるので、その特長を生かす形で使いたい」と話していた。

 当然と言えば当然の起用法である。

 と同時に、新型コロナの影響で代表としてほとんど活動できなかった昨シーズン、代表選手の序列にも変化があった。これまでは海外組やJリーガーが優先的に起用され、大学勢は2番手グループだった。

 しかし三笘薫(23)と旗手怜央(22)が川崎Fに加入して大ブレイク。リーグと天皇杯の2冠獲得に貢献し、今大会では久保と並び注目の的となった。


■苦戦した三笘


 そんな三笘が会見で自身のプレーについて次のように話していた。

「3BKの際は(3−4−2−1の4の左の)ウイングバックで起用されれば(守備のために)上下動が求められますが、攻撃で力を出したいのでシャドー(3−4−2−1の2の左)や、できれば4−2−3−1の外(3の左)、ウイングをやりたいです。ウイングバックで起用されたら慣れていかないといけないですが、自分のなかではまだまだ未知のところがあります」

 こうしたことを踏まえて横内監督が選んだシステムとスタメンは、4−4−2の4BKで、左SBに旗手、その前のMFに三笘を起用。「怜央(旗手)と三笘はクラブでも非常にいいので、コンビネーションに期待した」のも当然だった。

 しかしながら結果はというと、三笘は「静から動」への瞬間的なスピードアップでタテに抜け出せても、Jリーグで見せているようなボックス内に侵入してフィニッシュに至ることはできなかった。アルゼンチン選手の体を寄せる速さはJリーグとは違った。

 旗手も攻撃参加では持ち味であるクレバーなポジショニングでパス交換をしつつ、意外性のある飛び出しで変化をもたらしたが、守備では後手に回ることが多かったのは仕方ないだろう。


■「大迫不要論」


 彼ら以外の個々の選手のプレーについての詳細は省くが、気になったのは0−1の劣勢を挽回するために、ベンチにどんな選手が控えているかということだった。

 横内監督はまず相馬勇紀(24)を投入した。左右の両サイドでプレーできるドリブラーだ。ストライカーというよりはチャンスメーカーを三笘の代わりに送り込んだ。同じタイプの選手だけに、今後は2人を競わせる狙いもあったのかもしれない。

 その後、後半33分に田川に代え食野亮太郎(22)を、42分に三好康児(24)に代えて追加招集の林大地(23)を送り込んだ。林は昨シーズンの鳥栖でストライカーとして結果を残したが、残念ながら2人ともこれといったインパクトを残せずにタイムアップを迎えた。

 林はたった7分間のプレーだけに、何かを期待する方が無理というもの。劣勢な状況で攻撃的な起用をするならもっと早くすべきで、ここらあたりに横内監督の経験不足を感じずにはいられない。

 今回はケガで前田大然(23)と上田綺世(22)の招集を見送ったが、所属チーム(ブレーメン)での不調を伝えられていた大迫勇也(30)が日韓戦では相変わらずクオリティーの高いポストワークで日本の攻撃陣を牽引した。

 ほんの1年ほど前はOA枠での五輪代表の招集に誰も異論を挟まなかった。しかしクラブでの出場機会の減少に伴い、大迫不要論が出たものだ。今回、改めて彼のプレーを目の当たりにすると、東京五輪のOA枠に必要不可欠な選手との思いを強くした次第である。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年3月30日 掲載

関連記事(外部サイト)

×