韓国戦とモンゴル戦で最大の収穫は「伊東純也」 殻を破って得た“監督の信頼”

韓国戦とモンゴル戦で最大の収穫は「伊東純也」 殻を破って得た“監督の信頼”

伊東純也(撮影・六川則夫)

■堂々としたプレー


 22年カタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦は、日本が記録的なゴールラッシュから14−0で圧勝した。W杯アジア予選で14ゴールは過去最多で、MF守田英正(25)、MF稲垣祥(29)、古橋亨梧(26)らが代表初ゴールを決めるなど記録ずくめの試合となった。

 ***

 この結果、日本は5月28日に札幌で予定されているミャンマー戦に勝利すれば、自力での最終予選進出が決まる。

 前半を終わった段階で5−0だったため、もしかしたら二桁得点の可能性もあるかもしれないと思った。

 というのも、モンゴルは実力的に劣っていても、ゴール前に人数を割いて守備を固めるのではなく、4−1−4−1の布陣からマイボールになるとタテパスによるカウンターでゴールを狙う姿勢を貫いたからだ。

 先制点は代表初キャップの松原健(28)の右クロスを、南野拓実(26)が巧みなトラップから落ち着いて決めた。

 2点目は吉田麻也(32)のタテパスを大迫勇也(30)が反転しながらマーカーを外して冷静に流し込んだ。

 そして3点目は伊東純也(28)の速くて低い右クロスを鎌田大地(24)がワンタッチで押し込んだ。

 25日の韓国戦(3−0)では沈黙した3人――日本が誇る攻撃の中心選手――が開始早々にゴールを決めたことでチーム全体に安堵感が漂った。取るべき選手がチャンスを確実に決めたからだ。


■モンゴルのフェアプレー


 その後は守田の代表初ゴールに続き、オウンゴールなども含めて日本は最後まで攻撃の手を緩めなかった。

 というのも、今回は日本代表とU-24日本代表の活動が重なったため、五輪候補の選手は冨安健洋(22)以外呼ばれていない。

 このため吉田が「これからの活躍次第だが、(今回初めて呼ばれた国内組は)もう若くないということ、残されたチャンスは少ないと思っているのではないか」と指摘したように、アピールしようと貪欲にゴールを狙った。それが試合終盤の連続ゴールにつながった。

 後半途中からサンドバッグ状態のモンゴルを見ていて、ちょっとした不安もあった。

 1999年7月4日のこと。シドニー五輪1次予選で日本はフィリピンと国立競技場で対戦した。試合は日本が11−0で圧勝したが、小野伸二(当時19)が後方からの悪質なタックルにより左膝の靱帯を断裂し、翌年のシドニー五輪の欠場を余儀なくされた。選手生命にかかわる大けがだった。

 フィリピンのように、試合を諦めた選手が自暴自棄になってラフプレーに走るのではないか。しかしそれは杞憂に終わり、モンゴルの選手は最後まで試合を諦めず、フェアに戦い抜いた。


■攻撃の起点となった伊東


 記録的な大差で敗れたものの、彼らの姿勢は長く記憶にとどめておきたいし、そうした姿勢が今後の成長につながることを期待せずにはいられない。

 試合に話を戻すと、日本代表とU-24日本代表の活動が重なったことで、大会関係者は大変だったかもしれない。

 しかし取材する方にとっては、選手のポテンシャルやポジションの適性を比較できるので大いに参考になった。

 1例を挙げるなら、4−2−3−1システムの「3」の右のポジションである。日本代表では2試合ともスタメンを伊東が務め、モンゴル戦では2ゴール3アシスト(鎌田と守田、稲垣の2点目)の大活躍を見せた。伊東はこの4ゴールだけでなく、他の4ゴールでも右サイドで攻撃の起点になることでゴールラッシュを演出した。

「相手が弱いから」と言ってしまえばそれまでだが、韓国戦でも臆することなく堂々としたプレーからスピードで相手を圧倒した。

 この2試合で“殻を1つ破った”印象すら受けた。最大の収穫と言ってもいいし、森保一監督(52)がモンゴル戦で最後まで使い続けたのは信頼の証であり、定位置を確保したのは間違いない。


■強化に手応え


 その右MFのポジションだが、9月から始まるW杯アジア最終予選は最激戦区になりそうだ。日本代表では浅野拓磨(26)や、今回はケガ明けで招集が見送られた永井謙佑(32)がいる。

 アンダー世代に目を移せば、今回は辞退した堂安律(22)を始め、三好康児(24)、食野亮太郎(22)に加え、久保建英(19)も入ってくる(日本代表で鎌田からすぐにポジションを奪うのは難しいと判断)。

 左サイドの古橋、三笘薫(23)、相馬勇紀(24)に今回招集されていない中島翔哉(26)と比べると、ライバルは多く手強いと言わざるを得ない(原口元気[29]は今シーズン、トップ下でプレーしているため外した。彼は左右両サイドとボランチでもプレーできるから)。

 果たして9月の最終予選はどんなメンバーで臨むのか。ただしその前に五輪代表の熾烈な争いがある。オーバーエイジ枠を含めた18名という“狭き門”を誰が突破するのか。そして五輪後はカタールを目指しての新たな戦いがスタートする。

 今回の4試合を開催するには様々な批判もあった。しかし代表チームの強化という点では有意義だった。そしてこの活動が、安心かつ安全な東京五輪の開催の一助になれば、サッカーの末席に携わる者として望外の喜びである。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年4月2日 掲載

関連記事(外部サイト)

×